volleyball

6/16-17 総体地区予選

部活フィナーレへ向けてのカウントダウン開始といったところか。

7月の総体へつながる地区予選、備南東、1回前突破、ベスト8で7月の総体出場権獲得となる。

初戦、格下ふくだ、なんなく下すと思いきモタモタモタモタ・・・

 ● たまきた25-17ふくだ

         25-23

2回戦、いつもいやらしい戦いを繰り広げる因縁のそうじゃ・・・

 ● たまきた25-19そうじゃ

         16-25

         25-18

   心理戦に負け自滅するいつもの悪いパターンで第二セット失い、

   第三セット立ち上がりも第二セットを引きずる悪い流れ・・・

   断ち切り流れを呼び戻したのはセッター、

   強烈なブロックで息を吹き返した。

3回戦、勝てば決勝進出のかかる大一番・・・相手はこれまた因縁のしんでん

 ● たまきた16-25しんでん

         16-25

   高さのあるブロックに翻弄され、カットミスへつながる悪循環。

   皆にブロックかわすテクはなくそのまま撃沈・・・

7月、いよいよフィナーレへ。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くろわしき

Img_2357毎年GWに開催されている黒鷲旗全日本バレー観戦のため子供と大阪市立体育館へ。

新大阪で御堂筋線ホームに立ち地下鉄を待っているとスーッとホームに入ってきた電車の中にただならぬ空気の選手団の姿、ジャージの背中にはCHの文字・・・

石川の母校、中央か! 同じ車両へ走るとなんと黒鷲旗へ向かう高校チャンピオン、チンゼイ高校の御一行様。

目の前に高校ナンバーワンと目されるミズマチくんが座っており、息子一気に昇天(笑)

全日本選抜は来月からの海外遠征をにらみ既に合宿に入っている関係で主力メンバーを欠いてはいたが、そもそもこの黒鷲旗、高校は男女全日本チャンピオン(チンゼイ、キンランカイ)、大学はインカレの上位4校、それにチャレン上位とプレミアを加えた計32チームで黒鷲旗を競う大会ということでスター選手勢ぞろい。

18:30までたっぷり観戦し帰路へ・・・線路立ち入りで40分の遅延ながらほぼ予定通り21時帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUJIWARA CUP

Img_0634男子バレーボール部顧問の先生が転勤されることになり、急きょ父兄で送別カップを企画、社会人を含む多くの門下生が集いバレーを楽しんだ。

先生とわずか一人の部員でスタートした男子バレーボール部。

いまや写真のとおりの多くの選手を輩出、皆がそれぞれの進路でバレーを続けているらしい。

思い返せば陸上部へ既に入部届を提出していた息子の肩をたたき、バレーの道へと誘ってくれたのが先生だった。

バレーは全く初心者の息子、それ以来3年生の先輩に混ぜてもらい試合に出場するのがただただ楽しく、バレーにのめりこんでいった。

好きこそものの上手なれ、自分が仕事から帰宅してもV.リーグにシーガルズ、春高と撮りためたビデオを見返しては毎日バレーを学んでいた。行きたいと言えば大阪までグラチャンを観戦に連れていくことも。

Img_0660先輩・後輩との接し方、先生との接し方、仲間とのコミュニケーション、家では教えることのできないたくさんのものを教えてくれたのは部活。

ただただ顧問の先生に感謝、そして先生の新天地でのますますの活躍を祈りたい。

でも備南東で先生の新天地と対戦するときは息子が勝ちます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるちゅう

Img_2254春の中学バレー in 笠岡総合体育館。

初日は2勝し順調にブロック1位通過で2日目へ。

 

初戦  岡山中央・香和16-25たまきた

     岡山中央・香和19-25たまきた

2戦目 勝北14-25たまきた

     勝北18-25たまきた

2日目ベストエイト進出のかかる初戦は木之子。日頃から練習試合を頻繁に行い互いに手の内を知り尽くした戦い。

予想通りエースポジションをはる息子を徹底的に避け、サーブカットに難ある選手の集中攻撃。

第二セットは何度か相手にプレッシャーかけたが逆転に至らず負け。

ベストエイト以上に勝ち進むチームはやはりどこも抜けのない平均点の高いチームばかり。

夏にはいよいよ総体でラストを迎える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/3-4 倉敷市域

来月開催、春の中学バレー(春中)のシードをかけた地区大会、地元 玉島の森 体育館 で開催。

○1日目

  倉敷南 6-25 玉島北

       25-21

       6-15

  郷内   6-25 玉島北

        0-25*途中棄権

○2日目

  倉敷西 21-25 玉島北

        11-25

  準決勝 玉島西 23-25  玉島北 

                    27-25

                           23-25

  決勝   味野    25-17 玉島北

                     25-21

準決勝は昨年6月の総体で決勝で敗れた因縁のタマニシ。第一セットを奪いなんなくストレートで下すかと思いき、第二セットに入るとカットの乱れから形勢逆転、終盤に何とか追いつくもデュースで振り切られ第二セットを失いファイナルセットへ。ファイナルセットも終始タマニシに先行を許す苦しい展開ながらセッターのサービスエースで一気に流れを手繰り寄せ押し切った。

決勝・・・やはりアジノ。しかし相手エースはJOC以降ひざを痛めあまり練習できていないとのことだった。加えてインフルエンザによる選手交代もありいつもの戦力とはいかない状況・・・

今日しか勝つチャンスはないっ by 北中エース(笑)

強烈スパイクで後衛を下がらせてはボールを手前にふわりと落とし、2枚ブロックを当てればそれをうまくかわして打ち込む強烈スパイク・・・にくいほどにうまい相手エースに今回も翻弄されストレート負け。

でも北中エースの絶えずチームを鼓舞し続け、一人でも立ち向かおうとする姿にエースとしての意地を見ることが出来、1年前には想像もしなかった試合中の頼もしい姿に親としては何も言うことないばかりか感謝さえ覚えた。

Img_2199丸亀行かなくてよかった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V.チャレンジ シーガルズ VS トヨタヴァルキューレ

Img_2175子供とV.チャレンジリーグ観戦へ。

シーガルズの応援というよりトヨタ自動車ヴァルキューレの観戦。

4番エースのレフト佐藤に、昨年全国準優勝メンバーの新井、その他13番に14番と4人も岡山就実出身者を擁するトヨタ。

なかでもエース佐藤の能力は群を抜いており、2部リーグではもったいないほど。

シーガルズも東九州龍谷から入団した吉岡(春高骨折)のデビューとなり将来が楽しみ。

試合はシーガルズのストレート勝ちでリーグトップ維持。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュニアオリンピックカップ全国都道府県対抗バレー

Img_2094大阪市体育館、テリトリー内ではないかっ!

ならば仕事をサボってでも岡山県選抜の応援に行かなくては(笑) JOCバレーin大阪。

地下鉄朝潮橋駅に9時には到着、体育館周辺では既に全国から集まった代表選手があちこちでアップ中。ゆうに180cmを超える本当に中学生かと思わんばかりのすばらしい体格。

備南東地区の選手をメインにクラブチーム選手を加えた岡山県選抜はまさにドリームチーム。会場には岡山県バレー部顧問に生徒、多くの応援団も駆けつけていた。

初戦は香川選抜をなんなくストレートで下した。ちなみにこの試合、香川選抜のミドルブロッカーは2年生にして身長205cm!

Img_20932回戦も第二セットでもつれたものの滋賀をなんなく振り切りブロック1位通過で本戦トーナメント進出を決めた。

とっぷりと日も暮れた18時、体育館をあとにし帰路へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーガルズ VS. PFU

Img_2042プレミアからチャレンジリーグへと降格したが開幕5連勝でトップを走るシーガルズがホームで2位PFU(金沢)を迎え撃つということで、期末試験期間ということは無視して行かねばなるまい 初シーガルズ観戦(笑)

昼前から子供のっけてZIPアリーナへ。

Img_2043元全日本江畑とジェニファードリスの二枚看板に粘る岡山は第二セット振り切られそのままずるずると力尽きストレート負け。

チャレンジ初黒星となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

練習試合

招待いただき3校合同練習試合 in 福山/駅家中学校

玉島北25-24駅家

玉島北25-21八本松

八本松25-11駅家

玉島北25-16駅家

玉島北25-16八本松

玉島北25-16駅家

Img_2023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋季県大会

Img_2011秋季県大会 in 津山西。

ブロック1位通過でベスト16、翌日の落合白梅体育館の本戦へ進めるシステム。

同ブロックには対戦経験あるコジマと前情報皆無の不気味なオチアイ。

初戦コジマ、立ち上がりいつものもたつきでシーソーゲーム、中盤からやっとエンジンかかって予定通りストレート勝ち。

間3試合を挟んでいよいよベスト16進出をかけたオチアイ戦。

序盤からオチアイが押す展開、のちに分ったことだがチームはなんと1年生主体、アタッカーは3枚擁し、いずれもクラブ経験者・・・。

結果チームとしての平均点で勝るオチアイにストレート負け、昨年に続きベスト16進出ならず・・・

本人、翌日月曜日はうなだれたまま登校の刑(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)