run

せぇでぇじマラソン

Img_1463_2ブリコマンカップに参加したほうがよっぽど楽しめたが、職場走友会でせぇでぇじマラソンに参加。

会場にはあちこちにトラの知った顔があったが職場ラン友Tシャツで身を隠す(笑)

9:30になりようやく会場入りした職場の参加者と合流、そそくさ着替えてアップなしで午前10時、10kmの部スタート。

地方草レースにしては参加者多数で最後尾よりチンタラと・・・。

永安橋を超えて土手を走り折り返してくるだけかと思っていたら、もう一発橋が見えてくる。

気温もぐんぐん上昇、土手では干からびそうに(汗)

○23日 ラン:10km-58’25 バイク:43km

○21日 ラン:5km-湊公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第71回 まるがめハーフマラソン

Img_1349_2今年も会社走友会で参加。

今年は取締役工場長にマネージャーまで加え、4名で新倉敷駅北口集合、8:00出発。

道中は天気予報通り本格的な雨に気持ちが高鳴る(笑) 晴れていれば瀬戸内の素晴らしい眺望が楽しめる瀬戸大橋からの景色も雨で霞み車内の会話はいつしかとぎれとぎれに(笑)

競技場北側駐車場への大渋滞をこなしなんとか駐車完了、先発隊ふるおっさんが場所取りしてくれた競技場内へ急ぐ。

受付を済ませ(~10時)スタンドでしばしまったり、雨がやむ気配なし、皆が後悔の念に駆られている(笑)

10:25重い腰を上げ競技場へ降り整列、競技場スクリーンにはエリート選手のスタートの様子。

濡れた芝生上の整列でシューズが早くも浸水、ソックスが濡れ嫌な予感。

Img_1350_211:00号砲、Qちゃんが今日はベストコンディションだと選手を盛り上げているが全く気持ちは盛り上がらない(笑)

例の跳ねる高架を越え丸亀城へ向け左折、3kmまでなぜかスネが痛い。13kmまでキロ6分でチンタラと、ふと横を見ると取締役工場長(驚)

19kmまで取締役と併走も濡れたソックスの影響から足裏に出来たことないマメが・・・・。

そのまま後退し今年もめでたく2時間オーバー。

レース終了後はそそくさと荷物をまとめ一鶴中府店へ。 会社仲間が駐車場までの道で迷子になるハプニングあり、ここでもふるおっさんらの先発隊に大きく遅れ行列を待って入店。

味はいつもの素晴らしさ、酒も進み皆が満足で丸亀を後に。

17:30新倉敷駅解散。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手にビナンロード

Img_1327今年から大会名に‘たましま’が冠されたビナンたましまロードレース。

記録的寒波襲来により前日から開催は危ぶまれた。

当日朝、8時にhisa邸に現れたチーム員と徒歩で会場へ向かうがアスファルトは凍りつきとても走れる状況ではなかった。

会場に到着すると9時に開催可否判断とのことでひとまず受付、校庭では開会式が始まる中寒さをしのぐべく校舎へ入りゼッケンとりつけ。

いざ出陣と外へ出ると 予想通り開催中止とのこと。 即計測チップ返却へ(笑)

豚汁いただき、その後はhisa邸でコーヒーのみながらまったり、後勝手にビナンロード10km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回 あこうシティーマラソン

普通岡山マラソンじゃろ(笑)

Img_1213昨年会社後輩を連れ立って丸亀ハーフを走ったのが会社で知れ渡り、なぜか会社走友会が立ち上がり、そのデビュー戦として標的となったのが赤穂シティーマラソン。

赤穂浪士の舞台、赤穂城を巡るコース設定で岡山マラソンの裏大会ながらハーフから5km、3km、2km、1.5km、車イスとカテゴリーも充実、4,500人規模の大会。

この日のために会社経費で作成したピンクTシャツを12名で着て5kmの部いざスタート。

気温高めで暑いが赤穂の街並みはなかなかすばらしく、会社での参戦ということでまたいつもとは違った雰囲気。

皆がキロ8分で無事完走し(笑) 駅前焼肉屋で打ち上げ終了。

次回は年始リレーマラソンへの参戦決定しますます盛り上がりを見せる走友会、勝手にやってください(笑)

○ラン 24:17(グロス)/5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

70回記念 丸亀ハーフマラソン

初マラソンにチャレンジする会社後輩の付添というイレギュラーパターンで実に2009年以来の丸亀へ。

会社後輩の同伴がなかったらエントリーしたか?ときかれると気持ち的にはハーフハーフです(笑)

Img_0498_2久しぶりの丸亀はスターターに有森、レポーターに千葉ちゃん、表彰式プレゼンターには先日大阪国際で優勝したばかりの福士だべぇと豪華スタッフがわきを固め、参加者は箱根8人抜きの山梨ドミニクニャイロ、駒沢中谷にコニカミノルタ菊池、そしてノーリミhisaっちと誰がリオにのろしをあげてもおかしくない布陣。

でもなぜかhisaっちだけスタート時間が異なります(笑)

10:50一般の部スタート、いつもの高架を駆け上がるとあまりの参加者多数につき路面がビヨンビヨンはねていきなり気持ち悪くなります(汗)

Img_0499_2土器川5kmポイント、折り返しと順調に通過・・・・

したのはここまでで、復路土器川を渡ってから一気に足が重くなり、そこからはおばはんにまで抜かれまくり、競技場にたどり着くころにはいつもの廃人状態に(汗)

Img_0500_2結局2009年から20分以上も遅れて身も心もボロボロのレースに。

そんなボロボロの心身をいやしてくれるのはここしかなかろう!

一鶴、中府店。 文句なしのうまさで来年は14-15時に予約しときゃええかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第61回 備南ロードレース

玉島平野に本活的な冬の訪れを告げる(笑)備南ロードレースが行われた。

実に61回目を数える由緒ある大会が今回から新倉敷駅北側、通称‘ひさロード’に場所をかえ開催された。この大会、驚くべきは61回目にして初の計測チップ導入!いままでストップウォッチでタイム計測してくれてたおばはん達は全員クビですっ(笑)

しかも参加費はこれまでの500円から大幅アップの2000円で参加賞はLED付きボールペンっ! 参加費2000円のうちの1500円がLED代と思われますっどーぞっ!(笑)

しかもしかも勢いで久しぶりにエントリーしたはいいが、よくよく考えてみるとなんで2000円も払って自分ちの前を2周も走るのか? という、いわゆる‘ビナンブルー’に襲われながら迎えた当日、家の前ではランナー達が入念にアップしているという前代未聞の光景が広がりつつ起床即BBQの準備(笑)

Img_0459_2ノーリミメンバーはホームグランドに全国からランナーを迎えるということでいつもにないピリピリした空気です。

そして9:30、10kmおっさんの部スタートが近づきスタートラインへ向かうノーリミメンバー・・・

その時アニキが叫ぶっ!

「サングラス忘れた!」

Img_0462_2そんなこんなで各自が思い思いの距離でアップを終え(えっ!?そんな簡単な記述?)、場所をひさ邸に移しメインレース、ロングディスタンスBBQの開始。

今回はチームアクアパッツアの創設によってチームノーリミッツの間に蔓延し始めたギスギスした空気を和らげようとチームの枠を超えて沢山の方達が参加してくれました。

Img_0463_2今回のメイン料理は燻製職人による温燻うずら卵マスクがけ。

○17日 ラン:52’49/10km-備南ロード

○15日 ラン:10km-金曜走ろう会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人、大鵬、タマオ関。

Img_5527

今日は玉島の森体育館に力士がやってきた。玉島平野に春を呼ぶ大相撲玉島場所だ。今回の地方巡業での注目株はなんといってもタマオ関だっ(笑)

おさえきれない体重・・・、いやっもっと強くなりたいというあふれる感情をおさえきれないとばかりにチームボンビボンを飛び出しノーリミ部屋の門をたたいたタマオ関、その土俵入りの雄姿たるや・・・、一言でいうなら巨人、大鵬、タマオ関(笑)

迎え撃つはもちろんノーリミが誇る重戦車、琴奨菊(キャッホ~ッ!)両力士が同じカテゴリーにエントリーしては玉島人工島が液状化現象を起こしてはいけないという大会側の配慮によりタマオ関は10kmの部にっ、そして琴奨菊は3kmの部にエントリー♪

Img_5526

両力士は見事それぞれのカテゴリーで最下位という他を寄せ付けない力強さを見せつけたっ!

でもタマオ関は帽子の色を水色にしてボンビボンへの未練も隠せないようだった。 当初から予想されていた不名誉なレコードに水玉ジャージはとても着れなかったなんて書けない書けない(笑)

10kmものぶつかり稽古を終えたタマオ関の肩からは湯気が立ち上り、北斗の拳みたいだった(笑) 

Dsc_0002_2

でもタマオ関は少し経つと森の妖精みたいだった。

森の妖精達にあやまれっ!(笑)

ここまで書いておきながら僕はお相撲のことを書き記しておきたかったわけじゃないことに気付いたっ(爆)

子供とファミリーマラソンに参加したことを書き記しておきたかったのだっ(笑) ファミリーマラソンにおける最大のライバルはもちろんタカシン親子だっ! でもあまりの速さに1kmいかないところで前方の視野から消えた(笑) 今回は15分切りが目標、とにかく残り1kmをたれないように・・・。Img_5520

○結果

 14'42/3km(ファミリーの部) 6-7位?/20ファミリーエントリー

ってことで目標達成!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

そうじゃ吉備路マラソン応援に

左の肋骨が痛くて走れないひさです。西大寺はだか祭で骨折したかもなんて恥ずかしすぎて家族にも言えない(笑)

そんなことさておき、みっちゃんがこのブログ読んでるらしいのでまじめに書かないとっ(笑)

昨年に引き続き子供と吉備路マラソンの応援に。いつものように川辺橋たもとに車を放置しMTBで出撃する計画で現地へと向かっていると途中真備へ抜ける道でロードで出撃中のゆっきぃ兄さんの姿。川辺橋から行動をともにし、まずはハーフの5km?/フルの7-8km?地点となるふれあい広場前のプチ坂に待機。

到着5分後には早くもハーフのランナー達が続々と姿を見せはじめる。

Img_4718そんな中やってきました!YAZAWA-B吉。 所属チームがノーリミッツでよかったと思った瞬間だったなんて誰にも言えない(笑)

その後もタイ焼き、タイガーマスク、スーパーマリオにドラゴン・・・なめてんのか?(笑)

ハーフの一団を見送ってから場所を国分寺前、ハーフとフルの周回を応援できるポイントへ移動。ぽかぽか陽気で最高だった昨年とはうってかわってこの日は北風吹き付けるランナーにとっても応援者にとっても厳しい天候。農器具小屋で風を避けながらランナー達に声援。

やがてフルマラソンのトップ集団、広島県庁の市民ランナーにぴたりと併走する我らがタカシン、まだまだ余裕の表情です。その後は今年は泣かねえぜっ!(笑)KENSACKらの第二集団に続いてやってきたのは・・・

Img_4730南ちゃんと白鳥です(笑)

忍び寄る白鳥に気づかずカメラに手を振る南ちゃん。

勢いを増し今にも南ちゃんに襲いかかろうとする白鳥・・・

Img_4731南ちゃんは速いのか遅いのか錯覚に陥りそうな光景だったなんて誰にも言えない(笑)

その後もフルのランナーが続々通過、ピエロにアフロ、ドラえもんに怪物君・・・

仮装大賞かっ(笑)

あまりの寒さにアフロGENちゃんを待ちきれずおふくろ亭で昼食、あったまってから国分寺を後にゴール地点へ移動、ゴールへ次々駆け込むランナーに声援。

Img_4769スタートから4時間が迫る頃現れました・・・choiックスです(笑)

でも国分寺前ではchoiックスだったのにゴール前では手でバッテンの合図、mechaックスにパワーダウンしてます(意味不明)

で私的今大会のMVPは・・・(ドラムロール)・・・

1.目標大幅更新のtomoゾウ(笑)にゴール後、顔面に頑張り塩噴きまくっていたサリーちゃんのイケイケコジマガールズ

2.YAZAWAかどうかがイマイチわかりずらいB吉(笑)

3.南ちゃんVS.白鳥

4.本を読むだけで30分短縮23兄さん&フルちゃん(笑)

そんなこんなで来年はみっちゃんも一緒にどぉ?(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

第57回 BINANロードレース大会

めちゃくちゃ寒かった56回大会からはや1年、地元玉島の森で開催されたBINANロードレースへ今年も息子と3kmファミリーの部に参加。昨年に比べればやや暖かい・・・けど寒いっ!

6:30に起床したもののごそごそしている間に出発が遅れ、8:20からの受付ぎりぎりに会場へ到着。会場には既にアップを始めるたくさんのランナー達の姿。すっかり遅れをとったなぁと思いながらいつもの体育館へと入るとノーリミッツまだ誰も来ておらず(爆)

その後 中ちゃん、コージとメンバー現れはじめたものの、全くアップする気配のないおっさん達。さすがに時間に厳しいケンジャパンだけはとっくに皆の受付済ませてくれてどこかでアップでもしとるやろ~

 :

(そこにケンジャパン登場)

 :

おはよう!寝坊っ!(どんだけやねん)

開会式が始まった頃にやっとアップに行こうということになったおっさん達、いそいそと走る準備を始め・・・

 :

アニキ:あっサングラス忘れた(新春物忘れB吉)

アップし過ぎるとアップアップするのでグランド2-3周したらスタートラインへ(笑)

9:30、爺のピストルとともに10kmの部スタートを見送ったあといよいよファミリーの部スタートラインへ。

最前列タカシンファミリーを後方から完全マークするhisaファミ、火花散る緊張の一瞬、待ちわびたリベンジの時、そして9:35、爺のピストルが鳴り響き勢いよくスタート・・・

したのはタカシンファミリーだけでhisaファミは練習不足いやぶっつけ本番がたたり公道へ出る頃にはアップアップ、前方タカシンファミリーは既に視界にとらえるのが難しいほど豆粒、後方にはRIEファミの追い上げ(汗)、息子に喝入れてペースアップ、でも最初のコーナーでは玉テレカメラにきっちりポージング(爆) 結局ゴールまでRIEファミとデッドヒート、いや正式にはRIEジュニア-ユウキが先行していたが後方のRIEおかんを待っている間にhisaファミ差しきってゴール、手元の時計で15'28、昨年のタイムを57秒上回るタイムでなんとか目標達成。

その後はゴール付近で10kmの部のおっさん達の帰りを待つ・・・倉敷南の高校生?がトップで戻ってきた!・・・IPUの学生が数人さすがの走りで続く・・・スタートから40分が迫る頃、最初に戻ってきたのはコージと思いき、なんと中おっさんです(笑) そしてすぐ後方にはフルおっさんの姿も(驚)

なんと二人とも40分切りの快挙達成、この時点で夜の新年会の序列が中おっさん>フルおっさん>・・・>コージに決まったのは言うまでもない(笑)

Img_4491その後続々と帰ってくるメンバー、他のランナー達と比べて明らかにスピードがないものの、皆口先だけは軽やかノーリミッツ(笑)

↑今年も走りながらマシンガントーク部門でぶっちぎりの優勝です♪

〇RUN:4km 3kmファミリーの部-15'28(自計測)

2012 第57回 BINANロードレース

~橋の下りで一気にスパート!!!の巻~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝オーダー修正

 第一走(2.0km):中ちゃん 

 第二走(2.4km):トラトラRIE 

 第三走(1.4km):スコット 

 第四走(3.2km):JUN 

 第五走(2.7km):フルちゃん 

 補欠 兼 監督   :YUKIY

 冗談じゃねえし(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)