climbing

石鎚写真追加

石鎚写真追加 石鎚写真追加

| | コメント (13) | トラックバック (0)

紅葉石鎚登山2010

直前まで大山親指ピークに魅かれつつも、ふと石鎚弥山の紅葉が見頃なのでは?と思い、2008年10月13日に娘と登って以来の石鎚へ。 今回は家庭を持ったら家族で登山したいコージとへっぴり王子の計3名の山おっさんでアタック。

まだ夜も明けきらない5時前。コージ、へっぴり王子をピックアップし玉島ICへ向かう。信号に引っかかり何気に隣を見ると英田5時間耐久レースへ向かうスコッティレガシィが。 す~っとパワーウインドウ下がって そちらもこれから出陣ですかぁ~?(←スコッティ風に読んでください)

5:00玉島IC-6:30伊予西条IC-(コンビニ)-(黒瀬湖)-7:00石鎚ロープウェー駐車場着。

001車を降りると麓の気温は12℃とかなりひんやり、しかし日中の気温は25℃予想と服装の選択にかなり迷うが途中脱ぐことは出来るので重ね着で。おっさん3人7:30登山開始。標高1300mまでまずはロープウェーにて(往復1900円)成就社を抜けいよいよ林道へ分け入ると木々の葉っぱから差し込む朝陽とマイナスイオンに癒されまくり~。 ・・・おっさん叫びながら走る(笑) 

↑ひささぁ~ん家に帰ってきたみたいに癒されますぅ~(アフォウ)

007 途中石鎚名物の鎖場にさしかかるとへっぴり王子がへっぴり腰全開です(笑) 以降鎖場がやってくる度強制的に鎖場ルートを選択、へっぴり王子大丈夫かぁ?

 :

ううん・・・

へっちゃら(汗)へっちゃら(涙)いける(鼻水しゅるしゅる、膝ガクガク)

産まれたての子馬のようです♪ 

008 やがて鉄階段を経て10:15(ロープウェー乗り場より2:28)弥山到達。

弥山のこの紅葉を見るために多くの人が登ってくるわけです。各自持参した補給食を補給・・・ 

へっぴり王子:あぁ頂上で食べるんじゃったんじゃ・・・

 :

登る前に全部食べちゃってました(爆) 仕方ねぇアニキほいっ(パンやるわ) ったく手が焼けるぜ。補給を済ませ前回娘とは行けなかった弥山(1,974m)を経て最高峰天狗岳(1,982m)まで。

しっかし高所恐怖症なのになんでつ006いてきたのかへっぴり王子(爆)

下りはスタスタと2時間でロープウェー乗り場まで下山。ロープウェーに乗る頃には山頂にガスがかかりはじめ、今回はベストな時期にベストな時間帯での登山となりました。

その後はロープウェー乗り場付近の旅館で温泉に入り汗を流してから帰路へ。

帰りは前日にアイランドライドが行われたらしいしまなみ海道を。この日も多くのサイクリストでにぎわってました。大三島大漁に到着したのは15:22、お昼は15時までの営業のため泣く泣く退散、空腹我慢できず途中福山SAでラーメン定食ほおばって帰宅となりました。

お疲れ様でした おっさん達。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

登頂

登頂 1015

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山おっさん集合。

決行日時:10月11日(月)体育の日

ルート1:川床~大休峠~親指ピーク~ユートピア~元谷~川床(行程7時間)

ルート2:大山寺~三鈷峰~剣が峰ピストン(崩落状況次第)、親指ピーク~大休峠~大山寺

出発:玉島IC-5:00

Dscf47591その他:途中コンビニにて各自補給食をたっぷり準備ください。くれぐれも滑落のないようそれなりの装備でお願いします。

*山ガールも参加ウェルカム(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

剣山ファミリー登山

今回は四国No.2にファミリーでアタック。そう徳島県にある剣山。娘は大山、石鎚に続いての登山で少々貫禄、息子と妻は初の登山で戦々恐々(笑)

7:30に朝ご飯食べずに一路四国へ。高松で朝食がてらのうどんを喰らうつもりが早朝&日曜のダブルパンチでことごとくふられ時間切れで空腹のまま坂出から徳島へ入る。結局途中コンビニで菓子パンとおにぎり、子供のお菓子(お菓子がなきゃ登らない!)ゲットして朝ごはんは適当に車中で済ませる。

035 美馬に入りしばらく雄大な吉野川を眺めながらドライブ、吉野川に別れを告げ左折するとそこからはしばし‘うだつ’の街並み。ここからは渓谷沿いに対向車が来ると悲劇な道が延々40km登山口まで続く。谷底を流れる川は驚くほど綺麗でマイナスイオンでまくりんぐ。次第に勾配がきつくなり始め、やがて耳がツンとなるほどの1000mくらいまで上昇、途中なんとこんな山をバイクで駆け上がるローディ(しかも女性)がいて驚く。

048_3  登山口に到着し車の温度計は20℃とたしかにひんやり。頂上の気温が想像できず結局大荷物を抱えたまま12:15登山口より入山、石段を上がってほどなく見えてきた剣神社で安全祈願していよいよ山へ分け入る。ちなみに妻はこの階段あがったところで既に帰りたかったらしい(笑) 登山口からは登山リフトで中腹まで一気にあがることが出来るようになっているが勿論強制で自力登山。20分もたたないうちに息子の泣きがはいるが初めての登山、まんざらでもなさそうに娘と先頭を途中交替しながら45分でリフトの終点西島駅に到着。ご褒美の昼ごはんとお菓子をぼりぼり、この日は何よりも景色が最高のご褒美。しばし休憩のあと一気に頂上目指して残り半分の登山へ。 073_3

14:00頂上-1955m。 初めての雲の上、この日が初登山となった妻と息子も超感激(笑) 遠くにはジロウギュウもはっきりと見え、とにかく景色最高、登りきった達成感で家族しばし放心(笑) 

頂上には宿泊施設におみやげ物やさんに神社?まで。確実に登山ブームがきてるようで多くに中高年登山客でごったがえしていた。

登頂の喜びかみ締めながら下りはあっという間にリフトの西島駅まで到着。この頃には子供のエネルギーも限界だったようで家族3名ソッコーリフトで降りると(笑) 自分だけ一人になったのでトレラン開始、下りをひゃっほ~!!っと駆け下りる。なんとリフトよりも早く下山、子供らリフトからパパの姿を見つけて超驚きみたいな。 

時刻15:00。いい時間だねっつうことで無事下山した安堵感を胸に帰ろうとするが近く098 (7km)の奥祖谷二重かずら橋に立ち寄ってみることに。おそるおそる渡るかずら橋から見える清流、滝に渓谷、秋の紅葉は絶景となること間違いなし? 更に「野猿(やえん)」と呼ばれる人力で渓谷を渡る乗り物で岸に戻り子供らも大はしゃぎ、徳島を後にして竜王山から香川満濃、坂出を経由し帰宅18:50。とっぷり日も暮れあっという間の1日だった。

帰宅した息子の感想:やっと明日から保育園じゃあ~↑(そっちかっ)

ってことで2009.09.13剣山ファミリー登山の旅

| | コメント (5) | トラックバック (0)

石鎚山登山

来週は廃品回収だし、再来週は祭りだし、天気予報的にも今日しか。

行ってきました石鎚登山happy01 

006 前日に息子に極秘で二人で登山準備、当日5:30起床、5:40自宅出発一路愛媛へ瀬戸大橋で。瀬戸大橋から娘は再度夢の中へwobbly 大山よりも一ランク手ごわそうな石鎚。前回大山登山の教訓から今回は娘の鼻にぶら下げるにんじん、お菓子を多めに携帯delicious

Photo伊予西条IC降り、7:30山麓の黒瀬湖に到着。景色のあまりの綺麗さに車を止めパチリ。二人でマイナスイオンに癒されまくりんぐ。 まずはロープウェイにて標高1300m成就駅に到着。ロープウェイは3連休最終日の登山客で満員電車状態。

8:30いざ登山開始。Photo_2二人で大山登山の際の思い出など話しながらゆっくりゆっくりと。石鎚には大山とは違い、途中三つの鎖を登るポイントが。アドベンチャーな演出に娘はわくわく。しばらく歩を進めやっとこさ一の鎖に到着も一の鎖は登ったら最後、鎖での崖下りも用意されており、娘と相談のうえ勘弁してやったcoldsweats01  写真は一の鎖下り側より臨む。このあたりから紅葉が進む。 夜明かし峠から更に紅葉は加速、娘も美しさに感動、それまで期待よりも後悔、登山よりも御菓子が勝っていたが徐々に逆転、二の鎖への挑戦魂に火がつくlovely

Photo_3ついに二の鎖にチャレンジ。 万が一に備え落下しても娘をゲットできるように娘を先行させるが娘のことどころじゃない自分のことでせいいっぱいな怖さbearing  それでもなんとか無事クリアして三の鎖は即パスcoldsweats01

11:51遂に弥山(みせん)登頂。Photo_4山頂は多くの登山客でごった返している。皆それぞれ景色の美しさに見とれながら思い思いに記念写真撮影やらお参りやら。僕と娘はバックの天狗岳を見やりながら持参したパンとお菓子を広げ満足感に浸った。

12:10下山開始。登りよりも下りは娘の泣きがたくさん入るかと思いき、休憩は2回だけで娘は途中木の枝を折って杖を作り楽しそうに降りている。Photo_5登りは3時間20分に対しなんと下りは2時間35分で。写真はロープウェイ成就駅まで下山し自慢げにルートを振り返る娘。

石鎚はこの景色のために登る、そう弥山より臨む天狗岳の紅葉。まさに圧巻。Photo_6

紅葉綺麗だったねの言葉にすかさず娘、 苦労して登ったから余計綺麗に見えたんよなぁ? ええことおっしゃいますconfident   帰りは今治湯の浦温泉にて汗を流し、グルメカットでしまなみぶっとばし帰路へ。 

ものより思い出ツアー 剣山に続く?lovely

| | コメント (6) | トラックバック (0)