日記・コラム・つぶやき

ノーリミチャレンジ ワールドチャンピオンシップinサミ

Img_1958_2倉敷トライアスロンに向けて血を吐くような厳しい練習をこなしてきたノーリミの仲間達・・・

何か受け皿となるような大会を開催しなくては・・・はいっノーリミチャレンジ(爆)

いわゆるリベラルの大切さを信じている立憲民主的発想です(意味不明)

この日は日本中からTポイントを貯めて本戦出場権を得た選りすぐりのバカが勢ぞろい(笑)

7:51スイムスタート時刻が近づき皆の緊張も最高潮に達している・・・

遂にカウントダウンがはじまった。 

10、

9、

8、

Img_1971スタート(笑)

沖のブイを1周したところで砂浜にはヤマモトコテツ、いや遠く山梨からやってきてくれた中道選手の姿が。迷わず2周目はヤマモト、いや中道選手と一緒にスイム。

やっさん、ヤマモト・・・いや中道選手、いっつあん、若大将におくちゃん 強烈なメンツが「今日はそこそこで」という合言葉のもとバイクスタート。そこそこだったのは岩屋の上りまでだったことは言うまでもない(笑)

Img_1961夜は中道選手を囲んで今季トライアスロンシーズンの打ち上げ。

宴もたけなわ、皆がミドルだロングだと来シーズンの抱負を語る中、ノーリミの連中は誰も抱負語らないってゆー(笑) でもなんだか来年もいい年になりそうな、そんなこと思わせる素晴らしい写真が撮れたりする~(笑)

Img_1963二次会。

中道選手が裸になっている。でも調子に乗りすぎて若大将に怒られている(笑) そして日付かわる(笑)

参加いただいたみなさん今年もありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/14-15 青森出張

ダブルクレームの処理のため青森へ。

初日は移動だけのため早めに青森入り。

まだまだ残暑厳しい岡山から羽田を経由し青森空港へ降り立つと気温19℃、さすがに涼しい。

釜石の海が17℃というのが理解できた気がする(笑)

Img_1840青森駅前までバスで移動しチェックインを済ませ駅前ジョギング散策。

かつて青森と北海道をフェリーで結び生活物資輸送に重要な役割を担っていた青函連絡船。今はひっそりと観光スポットとして港に停泊中。

Img_1844青森と言えばねぶた、ねぶた祭りの雰囲気を味わえる「ねぶたの館 ワ・ラッセ」へ。地域地域にねぶた師なる代々ねぶたを作成してきた作り手がいるらしく、中には女性も。最近お祭り会館へ足を運ぶ機会がなぜか増えている(笑)

Img_97436_3_r300x225
その他駅前には青森特産品を一堂に会した土産館「A FACTORY」。リンゴ、青森湾でとれる海産物などずらり、嫁さんにねぶたパックを購入、きっと似合うだろう(笑)

駅周辺を10kmほど走り日暮れに。青森駅前で郷土料理にありつけるのは「おさない」

Img_1846
ほたて丼を食して青森ナイトを〆る。 ・・・うまい!

翌日も早朝散策ジョギングの予定が目覚めると土砂降りの雨・・・

仕方なく1Fへ降り朝食にありついたその瞬間、周りのサラリーマンの携帯が一斉に鳴る!そしてテレビ画面も切り替わる!

Img_1848きたよ J-アラート!

西日本にいるのとはわけが違い、4分後には頭上をミサイルが通過すると思うとそれなりの緊迫感が。

でも別にやることなく納豆をかきこんで朝食終了(笑)、仕事行ってくるか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいけ 2017

今年も皆生へ。 今年の参戦はノーリミからフルおっさんにケンイチ、そしてアフリカンダンスチーム。

不慮の事故により応援かなわなくなったユッキーをおいて容疑者Xを4:00に支所でピックアップし皆生へ。道中ことあるごとにユッキーの話題を挟むことで容疑者Xのハートに塩をすり込む(笑)

Img_1696米子プール駐車場に車を入れ例年選手たちがたむろするゾーンへ移動、先発ふみさん他と合流。アフリカンダンスチームも元気そうだ。ささき先生が緊張からかウェットスーツを既にフル着用しているのに対しユキはおにぎりを喰っており、皆表情は様々。

Img_16997:00のスイムスタートで選手を見送り折り返し地点へ移動。例年になく今年の日本海はべた凪、昨年からフローティングスタートになったことで位置取りを工夫すればバトルも避けられ、アフリカンダンスチームには好都合。一方で今年は水温が高いようで折り返しでは何人かの選手はのぼせているようだ。

バイクスタートを見送ってからどんぐり村、ラピスパと移動。

ラピスパでは真備から参戦のたむらさんと応援、絹ちゃんの復路通過を残しランコースへ移動。この頃から日差しは皆生らしい灼熱へ。遅れて到着したエースをピックアップしケンイチを探す。例年通り空港への陸橋あたりで発見、エールを送り鉄鋼団地付近へ現れるであろうフルおっさんを探す・・・。

Img_1701今年は二人のペースが離れているためジョイフルで涼みながらの応援とはいかず、ようやく鉄鋼団地に現れたフルおっさんを見つけたときには皆からヤジが(笑)

弓ヶ浜の松林にはアフリカンダンスチームのランナーが皆の不安をよそに快調にとばし、フルおっさんからかなり先行していた。

皆のゴールを待たず皆生を離れ帰路に。 暗くなり皆が無事完走との連絡。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

G.W.2日目-萩往還250

20時に寝たので5時に目が覚める(笑)

7時の朝食まで時間もったいないということで近くを観光することに。

Img_1499まずは元乃隅稲成神社へ。

朝日に照らされる赤、青、緑のコントラストがすばらしい。

商売繁盛、大漁、海上安全はもとより、良縁、子宝、開運厄除、交通安全、学業成就に願望成就のパワースポットということでマゴマサヨシの140、フルおっさんの250、

Img_1493ダブル完踏をお祈り。

なんでも「稲荷」神社は全国に4万社あれど「稲成」は2社のみとのこと、これで来年はもらった!

Img_1500続いて萩往還コースにもなっている千畳敷へ。結構な斜度の坂を上ると標高333mに広がる海と空の一大パノラマ、空にはちょうどダブルレインボーもかかり神々しくさえ映る絶景をバックにおっさん3人カメラにおさまる(笑)

Img_1507朝食時間となり宿へ。1人1泊2500円でこの朝食がつく充実ぶりと言いたいとこなれど、予定外に1人追加宿泊になったからかっ。ちなみに青海島は屈指のダイビングスポットとのことで宿は多くのダイバーでにぎわっていた。

朝食をすませホテルをチェックアウト、まだゴールを目指し歩を進めている多くのランナーを横目に見ながら防府方面へ南下、ゴールとなる香山瑠璃光寺へ。

Img_151140時間での完踏ランナーとあってランナーの足取りはまだまだ力強い。雄叫びをあげながらゴールへ飛び込むランナーの姿も。

瑠璃光寺を後にし夕刻玉島着。

こんなに早く帰る予定ではなかったのに(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

G.W.初日-萩往還250

G.W.後半、初日はフルおっさんの萩往還250サポート。

4:40hisa邸にて荷物パッキングを行い5:00玉島ICより美祢ICへ。G.W.初日ということで帰省を急ぐドライバーで高速はところどころで渋滞気味。道中SNSでフルおっさんとやりとり、どうも87kmCP油谷小学校到着が予定より大幅に遅れており関門(8:30)ギリの様子、車内が盛り上がる(笑)

美祢より昨年末プーチン-安倍日露首脳会談の行われた大谷山荘を右手に長門湯本を抜けいよいよ長門市内へ。すると前方よりトップランナーの姿が。長門湯本CPは145km、フルおっさんとの差、実に58km(笑)

長門市内を抜け車は仙崎漁港から宿のある青海島へ。

Img_1479青海島シーサイドホテルに車を停めバイク移動開始(9:30)、98km地点CP3川尻岬先端俵島を目指す。10kmほどでフルおっさんに合流かと思いき、俵島は岬の先端、しかも岬はアップダウンの連続で結局片道30kmもバイクに乗ることに。昼前に向津具(むかつく)の農協三叉路にあるコンビニ(93km地点)にようやく到着。次々と落ち武者のようなランナーが歩いてやってくる・・・。 皆コンビニベンチへ腰かけ500mlビール缶をプシッ♪

お兄さん、どうやったらリタイヤできるか知っとる?

知らんわ(笑) 

やがてヌマッチがコンビニに到着しフルおっさんがすぐ後ろにいるとの情報、バイクで岬の漁港までダウンヒル・・・ん!? 漁港の堤防上でフルおっさんが一人たそがれている!

 :

とてもワクワクする(笑)

Img_1481近づいてみるとフルおっさんが完全に仕上がっている(笑) あとほんの150kmだから頑張れよ。1分でいいから走ってる姿を見せてくれ。

どんな励ましの言葉にもフルおっさんが奮起することはなくそのままバスに回収、乗った瞬間ビールプシッ♪

 :

バイクで宿へ(涙) 途中バイクを停め333mの千畳敷(翌日車で走ったがとんでもない道)を越え降りてくるランナーに声援、年のころ70歳くらい?高齢ランナーに女性ランナー、実に力強く歩を進めていた。

Img_1486一度宿へ戻り車で遅い昼食。仙崎漁港にあるきキラク、浜屋はいずれも店の外までの行列で白菊へ。ここも結局1時間待って刺身定食にありついた。

センザキッチンがオープンするまでの辛抱か(笑)

Img_148916:30宗頭の収容所にフルおっさんをピックアップに。体育館内にはずらりと毛布が敷かれ傷ついた多くの兵士が横たわっており、どこにフルおっさんがいるのかわからない。 ようやくフルおっさんを見つけ叩き起こすと瞳孔が開いている(笑)

スーパーで買い出しをすませ宿で打ち上げ。フルおっさんは体温調節がでImg_1490きないのか1人ふとんをかぶってビールを飲んでいる(笑)

一気に酔いがまわり消灯、時刻は20時前(笑)

寝れるかっ!(笑)

○バイク:70km-青海島/川尻岬往復

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一周忌

親父が亡くなり早いもので1年。

ようやく納骨の運びとなり四国高松から合流した兄貴と県北へ。

ここは親父が幼少期を過ごした場所で親父の父親・母親も眠っている。

親父は幼少期に母親を亡くしたため生前から姉を母親のように慕っていた。今回初めてお墓の中を見せてもらい驚いた。親父は数年前に他界した姉の遺骨を自らのお墓へと分骨してもらっていたのだ。

天国で今頃家族との再会を楽しんでいるのだろうか・・・。

母親方の叔父と祖母のお墓にも参り甥っ子達と別れ県北をあとにした。

子供のころお世話になった親戚も次々逝くなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年 よい出会いあり(笑)

いよいよ2017年スタート。

Img_1309元日は支所に9時に集合し新年の挨拶で20分お口のアップを済ませてから恒例地元のハグロ神社へラン詣で。

初詣後はエンツウ寺に上ってみようということでアキバ町の急坂からラン。頂上からは玉島一望の絶景、ハグロ神社のおみくじによると「よい出会いあり」Img_1310_2とのことで各々が元日の初日の出に照らされながら青春ドラマのワンシーンのように期待に胸を膨らませている(大笑)

その後も玉島の港町を散策しながらゆっきい邸、ケンジャパン邸と流し終了。

二日は爺詣で。これまた毎年恒例となっている爺詣でながら今年はトラ御殿に爺不在。

Img_1314爺不在でもトラ御殿IN(笑)

横断幕に皆で手を合わせ今年もよい1年になりますように(パチパチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外出張vol.15 12/13-16韓国・中国

とにかく寒かった・・・。

仕入れ商品の調達先工場監査という名目で韓国工場ならびに中国工場へ。

単独で乗り込み終始韓国人のアテンド・・・かなりしんどい(笑)

Img_1278KIXよりひとまず仁川(インチョン)へ。空港で仕入れ先の社長と合流しソウルマポ地区の本社へ。軽く前打ち合わせを済ませホテルチェックイン。ホテルは大統領弾劾裁判を受けTVで映し出される大規模デモの会場近く、向こうに見える山の麓には朴大統領の私邸があるのだとか。

Img_1277夜はホテル近くの焼肉店で接待を受けた。とにかく出てくるものが全て赤い(笑)魚介で出汁をとったという韓国版味噌汁をいただいた。

翌日は韓国工場へとKTX(新幹線)で移動だった。ホテルで目覚めると前夜の食事のおかげでケツが大爆発(汗)、常に手洗いを気にしながらの移動に。

昼はプルコギを食し工場入り、夜にはソウルへトンボ返り。

明けて15日、仁川(インチョン)空港より中国威海(ウェイハイ)空港へ、約1.5時間のフライト。仁川から黄海を挟んで対岸となる威海は海風吹きっさらしの街、前夜から降り積もったという積雪の中、時にホワイトアウトとなりながら工場へ移動。

Img_1280夜の会食はまたしても焼肉。 とにかく寒い、気温は氷点下9℃。

韓国からの資本も入った町で、街の至る所に韓国料理の看板、そして韓国人街もあるのだとか。

寒さとケツの痛さに耐えながらなんとか日程を終え威海より仁川経由、KIXへと戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外出張Vol.14 11/15-17中国 上海~常州

1年半におよぶ中国ユーザーからのクレームを納めるため重い腰上げてついに中国へ。

岡山発着は復路便が遅く、とっとと切り上げて帰りたいおっさんはKIX発着のチケットで上海浦東(プドン)へ。現地アテンドは現法中国人(日本語通訳)

Img_1228_2600m超の東方明珠塔がそびえる中国の特別開発区「浦東」

こちらのクラシックな街並み「外灘」とは対照的に対岸には近未来を想像させる景色が広がるが、左にうつる電波塔などは日本ではありえないチープなデザインに あ~俺もついに中国に来たのだなと(笑)

Img_1230ふもとにはかのアインシュタインが宿泊したという有名ホテルなど現地駐在員に案内いただいたが、可もなく不可もなく(笑) 上海オフィスで前打ち合わせを終え上海宿泊地近くのヴィトンビルのそばで初日は小龍包を堪能。

二日目はいよいよユーザー訪問。販売ディーラーと途中合流し常州へ。片道200km、岡山から京都ほどの距離をひたすら車で3時間。

昨年から今年にかけ2度にわたりクレームを申し立ててきたユーザーに到着するとぞろぞろ中国人がでてきた。 日本からのわざわざの訪問に恐縮するそぶりを見せつつ立場が悪くなると話の焦点をすり替えようとする中国人を半ば力技でねじ伏せ一件落着(笑)

Img_1233再び上海に戻ると20時、ラストの夜は北京ダックでディーラーと出張慰労会にて〆。

心配されたPM2.5は訪中前に緩和され特に影響もなし、浦東空港では特に購買意欲をそそられる土産もなく、見事1元たりとも中国におとすことなく帰路に着いた。

年内は来月に韓国から再び中国、年始いよいよタイで下期は終える。

・浦東空港-上海虹橋ホテル 車1時間

・上海-常州 車3時間(約200km)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕は誓~うっ!(笑)

Img_1139熊本のバカが4年ぶりに彼女連れて凱旋。

昼間からBBQの準備やらなにやら何かと面倒くせえ(笑)

集まった皆から徹底的に説得を受ける彼女・・・

・こいつ漢字読めないけど大丈夫?

・早まるな。

・こいつのどこが一体・・・(笑)

・とにかくお会いするのはこれで最後ですね(笑)

Img_1141いやぁ・・・

そのぉ・・・

提案があってですねぇ・・・早く八剣伝行けよ(笑)

Img_1145もう会うことないから記念写真(笑)

○バイク:30km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧