bike

IRONMANとしまなみへ

塾へ通う息子を駅まで送り届け、晩夏の涼しさの中二度寝・・・zzz。

携帯にメール着信、IRONMANからだっ(笑)

夏のラストを飾るべく二人でしまなみへ向かうことに。時刻すでに10時を回っている(笑)

ちょうどお昼に因島運動公園へ到着、バイクを組み立ていざしまなみへ。

天候不順に泣かされた今年の夏、もう秋の気配が感じられる頃になってようやくすがすがしい晴れに。久しぶりのしまなみはなんとも気持ちよく、光る海がどこまでも続く。通行料金タダも手伝い多くのサイクリストでにぎわうしまなみ。

Dsc_0860

瀬戸田耕三寺前から続くしおまち商店街、店内は芸能人のサインでいっぱいの岡哲商店へ寄り、90円コロッケを。これ以上の贅沢があるだろうか・・・?

もちろんIRONMAN絶口調、僕もケッコー有名人なんですけどサイン書いときましょうか?

Dsc_0862確かにこっそりIRONMANになった有名人です(笑)

大三島に入るとリモーネさんへ。お店の方の ちょい悪オヤジですね の思いがけない一言に大喜びでテンションマックスになるIRONMAN、お店が倒れるほど喋くり倒したわりにアイスもなか食べて出発(爆)

Dsc_0863

14時をまわって伯方島マリンオアシスにピットイン。hisaっち塩ラーメン、IRONMANはしらす丼を。

バイクボトルに氷水を補給しいざ大島キッコウサン(別名:亀老山キロウサン)へ。

毎度の採石場の坂で脚を消耗、キッコウサン入口まで来て上るのをためらうおっさん二人(笑)

Dsc_0864

それでも4キロほどの激坂を上ればしまなみ一望、絶景が。

ここまで自転車であがって来られたんですか?のおねえちゃんの一言にまたしても敏感に反応するIRONMAN、来島海峡大橋が崩落するほど喋り倒して更にいきいき館まで。

行きはよいよい帰りは辛い~、伯方島で痛恨のパンクを経て19時、ほぼ日没と同時に身体的にもハンガーノックぎりぎりで因島運動公園帰着。

またよろしくです~。

○バイク:102km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の雪渓天空ライド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんぱく市へ

昨日に引き続き強風、なんとも寒い朝。ふるえながら集合場所にバイクを走らせてると前方より円通寺ジョグ戻りのmecya÷YOUさんとバイク出勤中の中ちゃん。花見の打ち合わせをし、お口のアップすっかり完了です(笑) 

今日は23兄さん、ゆき兄さん、フルちゃんと 石窯ピザ チェルキオ さんが初出店となる児島さんぱく市を目指す60km。昨日のダメージから距離短め、明らかにグルメ重視な設定です(爆)

そもそも三白(さんぱく)とは綿の白、塩の白、玉筋魚(いかなご)の白を差すということらしく、昔からの児島の代表的な産業である繊維、塩業、漁業を今に伝える朝市が三白市とのこと。ふむふむ・・・頭に叩き込んでレッツラゴー!

進路を東へとるということでブリッジライン、広江までは追い風大明神、帰りを考えたくない速さで進む(汗) 広江口からスカイラインをえっちらほっちら、ここで早くもおっさん昨日に引き続きアニキ状態です(大汗) 

Img_4859児島の街へ到着、早速朝市の行われているショッピングコートPATIO付近へ。そこには勝手な予想をはるかに上回る出店数の朝市出現!おっさん4人胸が高鳴ります(笑) PATIOの洋風建物に土佐分担を売るおばちゃん、ナポリピッツァ、ここはマルシェか?(そんなオーバーな;笑) 朝市を歩きながら瀬戸大橋開通当時、彼女とPATIOでデートした思い出に浸るおっさん約1名(笑)

Img_4857で早速がっつきはじめるおっさん達、サーターアンダギーなドーナツにナポリピッツァ、徳島ラーメンと児島三白とは全く無縁なチョイスでお腹を満たすみたいな(爆)

お目当てのチェルキオさんのピッツァはと言うとそりゃもぉ奥さんが綺麗で(笑)、Img_4855チーズ多めにしてくれました(爆) ご夫婦でやられてる石窯積んだ車移動販売方式のピザ屋さん。総社Waveさんの南付近をホームにしておられ、実はおっさんの通勤路ということでかなり以前から気になってたお店でした。

Img_4856で初対面のマルゲリータはというとお腹に納めてからカメラに納めるの忘れたことに気付くおっさん約1名(笑)

まだまだ食べる、スカイラインで失ったエネルギー返しやがれなおっさん4人。

Img_4858で徳島ラーメン。意外とあっさりなお味に固めんチョイスもグッドでこれまた美味しゅうございました。

しかし強風にもかかわらず多くの人でにぎわっていてなんだか児島盛り上がってるなっ!玉島ももっと活性化について具体的に考えていかないと。

・スコニャンの萌え萌えショップ

・コツメカワウソ餌やり体験のできる動物園

・ジャパ~ンストリート

・はだか祭歴史館

 :

帰りは児島の親分にご挨拶、お仕事中にもかかわらずお客さん無視して汗臭いおっさん4人入店、おばさまを囲む。 勝手に盛り上がっておば様のパーマはいったいいつになったら始まるのか?

喋りたいこと喋りたいだけ喋ったら勝手に退散(笑)、その後は中山、稗田超えて進路を西へとった瞬間強烈な西風&通り雨に心ポキィッ、なんとか玉島へ帰り着き珈琲ショップ「成り上がり」でお口のダウン約2時間(笑)

仕上げにルネプーでスコニャンに昨日の仕返し、今日こそありがとう(悦)

ちなみに2Fでは前日合コンが不発に終わったコツメカワウソがキュウキュウ泣いてました。

お花見も仕事だキュウ~(笑)

○BIKE:60km SWIM:2.0km クロス:60min

| | コメント (8) | トラックバック (0)

しまなみ ~きっこうさんです~

run8×2riceball昼2夜11+noodle(新記録)朝3noodle

これ何?

晴れの土曜日を狙ってバイク乗りましょうと前日コージからの執拗メール。

じゃ前回雨で不発に終わったしまなみ亀老山(きろうさん)アタックを敢行しようじゃねえかということでまたしてもしまなみへ。

7:15時刻通りコージ邸へ。やつ 大う〇こにつき出発5分遅れ(笑)

7:30ゆっきぃ兄さん邸へ。ゆっきぃ兄さん遂にZIPP404はめて宮古仕様で揚々と登場。バイク積み込み中もそのカッコよさにゆっきぃ兄さん思わずウットリ(笑)

前回どしゃぶりライドから一転、天気は最高、一路しまなみへ!

道中は明日カップリングパーティーに単独参戦するらしいスコットの話題で大盛り上がり(笑) 女と話できるのか~?(ひゃっひゃひゃっひゃ)

前回因島スタートで生口島瀬戸田ドルチェからの残り20kmで心へし折られたので、今回はショートカットしてドルチェからスタート、ジェラート食ったらそれで終われるヘナチョコ向きな設定(汗)

8:45ライドスタート。行きは大島亀老山まで(約40km)補給なしの一気ライド。サイクリング的空気封殺でぐいぐいと進み、宮窪のプチ峠で軽くチギレ星人にされながらもなんとか大島南端に位置する亀老山(きろうさん)麓へ。交差点を左折し800mほどで入口には標高300mの看板が。遥照ほどでもないんだなと勝手な解釈でヒルクライム開始。

そろそろ頂上かなと思った頃にあと1.5kmの看板(涙)、次第にダンシングじゃなきゃ対応できなくなり、ラストは左手に瀬戸内の絶景見ながら500mで60m上昇する壁が眼前に立ちはだかる(大汗)

Img_4787なんとか上り切り展望デッキからお目当ての景色をカメラに。

なるほど納得の絶景です。

あの橋が今渡ってきた橋っすか?

これから渡る橋だよ(笑)

展望デッキから choi÷YOUさんに電話。

あ~もしもしぃ? 今っすか? 今きっこうさんです。

きろうさんだよ(笑)

Img_4798_1時刻はまだ11時。来島海峡大橋を途中料金所手前でU-ターンし道の駅よしうみいきいき館で昼食をとることに。 

道の駅到着と同時にトイレに駆け込むコージ、またしても大う〇こで30分のオーダーロス(笑)

コブ鯛のコロちゃんが出迎えてくれる道の駅、お約束の海鮮BBQをパスして海鮮石焼ビビンバを頼んだコージ。

高温に熱せられた丼を持って あっちぃっ!!!

全くもって行動が意味不明なバカです(笑)

お腹いっぱいで出発かと思いき、もう一度トイレに駆け込み20分のロス、仕上げのう〇こです(笑)

復路、おっさんが立ち寄りたかった伯方島玉屋さんに大三島リモーネさんをいずれも無視するコージ&ゆっきぃ暴走機関車、おい待て~っ!!!

であっという間にドルチェ帰還。グルメ無につき別に寄島~神島とかでもよかったんじゃね?(笑)

Img_4806さっきまでう〇こしてたのに助手席に乗るやいなや・・・

なんという愛らしい目なんでしょう~(コツメカワウソかっ)

 :

Img_4805でスイッチオフ(笑)

帰りはこの日挙式だったいっつぁん&ベキ子ちゃんの結婚式二次会へお邪魔。親分はじめ県北組に、日頃ラン・バイクウェアしか見たことないアスリート達が正装で勢揃い、yasuっちでさえおっさんはその存在にしばらく気づかず(爆)030

お二人の幸せをちょっぴり分けていただき本日の任務完了。

いっつぁん!ほんとのトライアスロンはこれからやでぇ~!

そのレースはとってもとっても距離が長くて過酷で・・・(お幸せに:笑)

コツメカワウソしまなみへ

~今きっこうさんです~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

しまなみ~栗ください。~

集合時間7:00ちょうどに支所駐車場へ・・・誰も来ず(笑)

前日職場新年会で大酒くらって大寝坊のコージを電話でたたきおこし出発(笑)

ということは・・・

 :

001_2やはり即堕ちです(笑) 

コージの遅刻により向島運動公園からのバイクスタートを修正、因島スタートに。数年前から因島大橋公園内へと店舗を移動したはっさく屋さんの駐車場へ車を止めさせていただき、お土産はっさく大福をゲットしてから 9:10 いざバイクスタート。いきなり227mの白滝山ヒルクライムこなしてフラワーパーク通過、サイクリング道へのり、生口橋を渡り生口島 の海岸線を軽快に進む。曇り空ながら気温も思ったほど低くなくなんとも気持ちいい! この日うさぎ-R初乗りとなったコージ、なんだか踏み込むとクイックイッと進む感じですね(喜)

 :

気のせいだよ(笑)

ドルチェを通過したころにコージがボソッと・・・

えっイクチジマってことは ここ島なんですか?

 :

さっき橋を渡ったよね?(笑)

伯方島へ入った頃から雨がポツリポツリ。 伯方島上陸とともにサイクリング道からはずれ、目当ての鮨屋を探しながら伯方島を時計回りに1周するがやがて雨足強まり体温の低下とともに鮨どころではなくなり、あったかラーメンしか身体が求めない状態に(泣)

やっとの思いで木浦商店街へ到着、さんわへ駆け込み塩ラーメン喰って生還(笑)

お店を出ると雨は小康状態に。これなら大島へ行けると踏んで更に南下するも大島へ入ると雨は再び本降りに(泣) 亀老山アタックのモチベーションはとっくの昔に消え去り、とにかく暖をとるため吉海(よしうみ)町のよしうみばら公園の港向かい側にある天然酵母のパン屋ペイザンさんへ。 なんせ木曜と土曜の週二日しかお店売りしないというプレミアム臭がおっさんの臭覚にヒット、かねてから訪れたいと思っていたお店だった。

入り組んだ丘の上にある小さなお店のためなかなかたどり着けず、造船所の先まで行き過ぎては来た道を戻り、そうこうしている間に雨足はさらに強まり、挙句 傘をさして歩く小学生をつかまえ道を尋ねる。

小学生:あぁ~その店ならぁ~・・・知らないですねっ(笑)

あぁ~←ここ意味不明(怒)

結局迷い込んだ路地の右手に偶然それらしきお店を発見、ドブネズミ2匹お店へ駆け込んだ。

ドブネズミ入店即、なるべくカロリーの高いパンとコーヒーください(笑)

この時点でサイコンの距離メーターは70km、窓際に腰を下ろし、降りしきる雨を見つめながら帰りのことを考えると絶望感にさいなまれるドブネズミ二匹(笑)

帰りは降りしきる雨の中、採石場の坂をひぃひぃ上って伯方、大三島と順調に戻り、やがて生口まで戻ると雨は上がり時折日差しも。

瀬戸田ドルチェで一息、ジェラートを頼むコージ。

をお願いします。

そこデコポンやろ普通(笑)

16:10に因島帰着、17:00片づけを済ませ帰路に。

018ひささぁ~ん今年はどの大会出るんすかぁ?

脈略のない会話のあと、きましたきました 外向き始めました。

019一丁あがりっ(笑)

〇BIKE:121km(補給:さんわ塩ラーメン、石窯パン2個、アイスなクリームパン)

しまなみ海道サイクリング

えっここ島なんですか?編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瓶が森林道サイクリング ~寝てないですって~

いつかバイク(自転車)で走ってみたいと思い続けて数年、やっと明日と思うと21時に布団に入ったがなかなか寝付けないおっさん、修学旅行かっ!

結論から書くとノーリミ史上最高のヒット企画となり、来年は合宿形式に発展することになったのでかなり詳細に記しておくことにする(笑)

4:00起床、まずは携帯電源ON、とメール着信。なになに・・・?

ふくちゃん:明日の予定はどないですか?(笑)

おっさん:いやいや昨日までに参加表明なかったし(苦笑)

仕方なく朝4時にふくちゃんに直電、

一発目・・・出ず(笑) 

二発目・・・眠れる獅子目を覚ます(笑)

ふくちゃん:あぁもしもしぃ?

おっさん:もうすぐ集合時間ですよ!来てくださいよ!

ふくちゃん:でも電話切ったらまた寝てしまいそうじゃしなあ・・・

おっさん:(電話プチッ)(笑)

4:50集合場所に無事ふくちゃんも現れ自転車5台におっさん5人が一台の車にぎゅうぎゅう乗り込み(笑)、予定ちょい遅れの5:20、高知目指していざ出発。車内に充満する加齢臭とは裏腹に次第に白む外界は雲一つなくなんともすがすがしい。

瀬戸内海を右手に流しながら四国を順調に進み伊予西条ICをおりコンビニ休憩をはさんで加茂川の清流沿いにR194をいよいよ石鎚山系へと突入。途中笹ヶ峰への登山口へ立006ち寄り止呂橋から朝日に照らされる渓谷美におっさん5人衆しばし見惚れる・・・

と思いき止呂橋殺人事件発生(笑)   

出発からわずか2時間ちょっとで目的地 高知いの町道の駅 木の香(このか) へ到着。 見たことないほどに澄んだ清流に徐々に紅葉を始める山の木々、雲一つない青空、マイナスイオンたっぷりの朝の空気の中おっさん達はいそいそとバイク準備にとりかかる。

0198:05 標高630mから1,680mの天空の道めがけていよいよ1,000mのヒルクライム開始。

走り出すといきなり寒風山の男らしい稜線が正面に姿を見せる。

高級料理や高級車、かわいいねえちゃんもいなければそこにあるのは自然のみ。そして自分の足でまわす自転車のみが移動手段、これ以上の贅沢が他にあんのか?

2km程で寒風山トンネル(長さ5km!)入り口にさしかかり、ここをおっさん達は右手にそれ旧道を022_2本格的ヒルクライム開始、えっちらほっちらまずは旧寒風山トンネルを目指す。ヘアピンをいくつもやり過ごしながら徐々に高度を上げていきちょうど1時間程で10km地点である瓶が森林道起点(標高1,110m)へ。ここは寒風山登山口にもなっているため駐車場には多くの登山客でにぎわっていた。(CP1)

035しばし休憩、立ちごけのあと(笑)、いよいよ瓶が森林道へと突入。前半はきつい上りが続き5kmほどで一気に1,400m付近まで高度を上げていくが寒風山から笹ヶ峰、平家平へと続く稜線におっさん達から思わず歓声が上がり始める。更に勾配はきつくなり8-9km/Hまで低下、ふくちゃんとハァハァ言いながらなんとか旧寒風山トンネルへ到着。ほどなくフルちゃん、ゆっきぃそしてアウタートップをあきらめたコージが到着。(CP2)

ふくちゃん:このなぁ~お腹がなぁ~(笑)

039_2補給後再出発、恐怖の真っ暗トンネル、第八隧道?を抜けると正面には伊予富士の雄姿。男性的な山容に石鎚らしさを感じ、その先にまつ景色を思うと胸が高鳴る。

伊予富士直下を抜けて更に緩やかに高度をあげていくとやがて森林限界を意味する笹原が視界に近づき、紅葉を始めた木々とのコントラストに目を奪われる。

もうここからは現れる景色のすばらしさにおっさん雄叫びあげっぱなし(笑)049やがて本日のハイライトである東黒森~自念子ノ頭稜線直下を貫く標高1,680m‘天空の道’が姿を現した。

うっひょ~↑ あそこ自転車で走るの? すっげ~↑(笑)

051迷わず自転車を止め登山口から少し東黒森を登り、念願の景色をカメラに収めた。

あまりの凄さにおっさん連しばし見惚れる。

スーパーアスリートふくちゃんをしてサイクリングもいいねと言わしめたこの景色、いやいやノリクライマーゆっきぃをしてさえ乗鞍以上と言わしめたこの景色、写真なんかじゃ伝えきれないこのすばらしさをぜひあなたにもってことで来年は高地トレーニングを兼ねた1泊2日の合宿形式に発展させることが満場一致で決定された(笑)

その後は神鳴池(かんならしいけ)、吉野川源流碑を過ぎ山荘しらさにて女性店長さんと自転車話に華を咲かせながら フォカッチャやら つらいカレーやら 買ってきたコンビニおにぎりやら(笑) を喰らいまったりタイム。 

昼食後気持ちもお腹も満たされ身重なおっさん達はもうひとつ坂でヒーヒー言わされた後、子持権現山、土小屋手前のよさこい峠(林道終点1,420m)から長沢ダムまで一気に下るダウンヒル。

097しっかしこのダウンヒルが怖いのなんの。それもそのはず標高差にして1,400m、距離にして20kmほどを一気に下るので身体は一気に冷えるわブラインドコーナーにラフなグレーチング、尖った落石の連続に上半身も固くなりとにかく気を使う。そんな恐怖のダウンヒルは実に1時間以上に及んだが(汗)、途中 大瀧の滝(そのまんま;笑)なる滝が現れしばし休憩、この滝、落差もすごく最近の雨量も多かったせいかかなり立派。しかも夜間はセルフ点灯式ライトアップも可能(笑)101

←とにかく渓流がみたことない色なのだ。

長沢ダム沿いをサイクリング気分で流しやがて国道へ。

徐々に旅の終わりを予感させる残り10km地点、おっさん達の闘いが遂に始まった!(笑) 眠れる獅子ふくちゃんが仕掛けたかと思うとゆっきぃがすばやく反応、セントレア以来ゆっきぃには自然と身体が反応するようになってしまったおっさんも追尾開始(笑) フルちゃんまでが仕掛けてトンネル区間へ。 後方からは眠れる獅子の怒りのギアチェンジの音がカンカン響く!(笑)

あっという間に道の駅へ帰り着き汗びっしょり、おっさんの哀しき性(笑) 

あれ!? コージは?(笑)

106道の駅併設の温泉で汗を流し17:00しまなみで帰路へ。

え?寝てなんかないですよ(笑)

だから寝てないですって(笑)

108

即堕ちです(笑)

大山ほどの標高を車道が通っているのは四国ではここだけだろう・・・。

まじ感動!

 

○車総行程:340km 05:20-19:00

○BIKE:70km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

入力ポイントの改善

今日は兄貴分yasuっちがこの世に生を受けた日ということで、児島在住の方は祝日、別名マイムマイムの日としても知られています。おめでとうございます。

ここまできたらyasuっちにはトランジションでヘルメットかぶる前に入れ歯はめてカツラかぶるようになるまでエリートで頑張ってもらいたいです(笑)

さて先日の味噌汁ビーチ起点でのバイク練でKENSACK先生(屁こき虫類)から早い段階からの入力について指導してもらいました。実に理論的で分かりやすい話だったので忘れないうちに書き記しとこう、そうしよう♪

夕暮れ時間帯からの入力を昼間時間帯へ戻すにはトルクを利用して自分の入力ポイントを確認、叩き込む練習が効果的とのこと。 KENSACK先生のペダリングを後ろにつかせてもらい眺めていると鞆の浦までアウタートップ(笑)。入力ポイントを叩き込んでいるということか・・・(よし分かったぞ!) これならエアロバイクでも出来るかな? 少し重いギアで坂を・・・

でもアウタートップライドの弱点もあるそうで、ライド後よく屁が出ると(それ君だけやろ)

~追記~

それと先生のライドを見て思ったこと、それはバイクとの一体感というかこなれたライディングであるということ。途中信号にひっかかった際のストップ&ゴー(勿論アウタートップ;笑)、幅寄せする車へバランス保ち安全確保しながらあびせる罵声(笑) そして何よりもバイクは手入れが行き届いておりバイクをよく理解しているということ。

僕がその日の夜、バイクをピカピカに磨いたのは言うまでもない(笑)

ほいならばーい☆

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鞆の浦ライド ~保命酒のたたり~

明け方4時、通り過ぎる車の音で路面が濡れていることを確認、おまけに吹きすさぶ風の音にダブルで安心、よかったサイクリングなくて→二度寝。

朝7時・・・隊長より無情の出陣メール「それでは予定通りLSDということで!」(泣)

急いで準備してパネェ強風の中本部へ。とそこには洗礼受けてたくましくなったYUKIY、寝起きで準備してきたふくろうさん。そして前方からはランナーの姿も・・・002

19kmランでゴルフへ向かうアニキです。明らかにゴルフ軽視、ランとゴルフ場シャワー重視、頭の回路が完全にとんでます(笑)

いつものようにもたもた準備してよっこらしょスタート(笑) 海岸沿いの風はとにかくパネェ(汗) ひたすら向かい風、横風受けるとディープリムが横に振られ、橋の上では身の危険さえも感じる(大汗) 9時過ぎオアシスステーションで初参戦スコットが合流、ここからはスコット、ふくろう猛者組と隊長、YUKIY、hisaのサイクリング組に完全分離、それじゃ現地で!(現地まで合流なし)003

帰りの追い風だけを頼りにもがいてもがいて11時鞆の浦到着。

いつもの田淵屋さんにお邪魔し11:30の開店まで隊長爆裂トーク開始。オムライスほおばりながら、手作りスモークチーズで5種の保命酒をぐびぐびぃ~pouch 一気にまったりした空気に包まれ代行お願いの声が(笑)

田淵屋さんを後にし向かうはプラウドフーズさんのメンチカツ。

 :

004

と・・・でました保命酒のたたりです(笑) 

保命酒なめると痛い目にあいます(笑)

鞆の浦を後にし珍味坂を越え西へ西へ。阿伏兎観音では汗くさい男5人でお祈り。いいお乳がでますように・・・。

2連アーチ橋内海大橋を越え田島に入った頃から隊長率いる高速トレインからYUKIYがチギレ始め・・・日曜日の再来、ヘタレ大明神降臨です(合掌)

横島への入口で引き返すことに(ほっ)

ブリ干拓まで戻った頃には今度は隊長がハンガーノックです(笑) 005そこらへんにあるもの何でも食べそうな鋭い眼光になってます(笑)

オアシスステーションに命からがらたどり着き一気にパン3個喰いで回復です(笑)

必ず何かが起こる鞆の浦ライド、みなさんお疲れさまでした。

○BIKE:132km Ave:24.4km/H

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ホワイティン

ホワイティン メットとサドル 白にしてみた。寒いけど久しぶりのバイクなかなかええんとちゃう?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛恨の落車

せっかくの夏休み。一人娘の夏休みの宿題に汗する妻を残し子供と3人で沙美へ海水浴へ(笑)。 せっかくだからとウェット着て1km泳ぐがこの日は波が高く全くもって溺れている状態。早々に諦めて以降子供ときゃっきゃきゃっきゃさわいで終了。

子供の相手も済ませてちょっくらバイク乗っとくかと再び沙美から神島往復のいつものコースを快調に。行きは向かい風、帰りは楽々。この帰りの追い風が調子に乗らせたか2軒屋過ぎの田んぼ道、最後の追い込みポイントで海水浴帰りのヤンキー車の幅寄せにあい、ここは冷静に対処せねばとソッコー歩道へ入ったまではいいがこの日予想以上に調子よかったせいか歩道へ入りそこね、おまけに砂利でスリップ、完全にコントロール失ったバイクはそのまま田んぼへダ~イブッ(時間よぉ~とまれぇ~♪;汗)。

 :

気がつくと田んぼの中でした。バイクはなんとか走れそうだったので泥まみれのまま帰路へ。途中○マカさんの駐車場で勝手に水道水の蛇口をひねりシャワー、泥を流してドブネズミ状態で家に。

 :

肩耳が音が聞こえない(大汗) ひょっとして鼓膜破れた? 頭をコンコンッ・・・

 :

田んぼの泥がどべぇ~(笑) 肩耳泥がめいっぱいでした(笑) 

*バイク:ブレーキアーチ変形

*運転者:左膝向う脛裂傷、右膝打撲

レース1週間前、休めということなのか?1週間前でよかったと考えるのか、どこまで復帰できるのか?スタートラインに立てるのか?

調子いい時こそ調子に乗るべからず!

●14日

 SWIM:1km(沙美)

 BIKE:50km(神島往復) Ave.31.2km/H

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧