« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

沙美トラ2016グランドファイナル

Img_1101例年の光景、イイダコ目当ての釣り人がたくさん。

釣り上げられないようにビーチの端っこからスイムスタート、息継ぎの度に視界に入る堤防の釣り人からの冷たい視線が辛い(笑)

来月四万十を控えるカズロンは前日に続きこの日も神島往復ランへ出発。カズロンの神島到着時刻に合わせバイクはナカトレインでスタート。

帰りは久々雨にやられびしょ濡れでビーチに帰還。

帰還後はハルナ選手の国体前最終仕上げ。

○OWS:1.0km バイク:30km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沙美トラ2016セミファイナルと下半身露出狂

2016トライアスロンシーズンを締めくくる沙美トライアスロンが行われた。

会場に到着した選手達は受付、ボディナンバリングに競説と時間に追われている。

Img_11007:30 エアフォンとともにビーチからスタンディングスタート、足元にからみつくワカメ、そして舞い上がり視界を遮るヘドロ、沖のブイを時計回りに3周、選手たちは周回毎砂浜に設けられた赤いコーンを回ることを義務付けられている。

スイムを終えトランジションエリアに入ると携帯に着信、タカシンからだ!

「子供を送ってから行くので遅れます」

仕方なくトランジションエリアで2時間近くお喋り(笑)

口のアップを完了し9:30、タカシントレインでようやく出発いつもの神島へ。

ビーチへ戻り迷子の岡山AC大森君のバイク帰還を待ちながらランで終了。

晩飯を食べていたらインターホンが鳴った。

妻と子供が玄関へ、すると警察が5名、しかもご主人はご在宅ですかとご指名!

あわてた息子が呼びに来る(父ちゃんついに何かやらかしたか?)

玄関まで降りると何やら物々しい空気、そして何やらかしたんだお前はという妻の冷たい視線(汗)

きくと我が家への入り口から女性へ下半身露出した男が現在逃走中とのこと(驚)

ひさ:うちも女子高生いますんでよく言っておきます。

   わざわざありがとうございました。

   →ドアを閉めようとする。

→グイッとドアに刑事が腕をつっこみ

刑事:ところでご主人はその時間帯何を?

ひさ:夕方散歩してから家で晩御飯の支度を・・・

   (って容疑者扱いかよ!)

刑事:じゃすみませんが散歩された道をこっち来て教えていただけませんか。

→表の道へはパトカー3台、そして刑事5人から懐中電灯で照らされる容疑者H(汗)

ひさ:パトカー3台も停められて懐中電灯って近所に見られるとまずいじゃないですか刑事さん。被害者女性連れてきてもらったら僕が犯人かどうかくらい見分けつくんじゃないですか?

刑事:実はそこのパトカーの中から今あなたを観察してもらってます。

ひさ:・・・(汗) で彼女はなんと?

刑事:シルエットが違うと言ってます(笑)

疑いが晴れ家に戻り食事もなんだか家族の絆がギスギスしている!

○24日 OWS:1.8km バイク:43km ラン:;4km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016シーズン打ち上げ

朝はいつものビーチで沖のブイを3周泳いでまったり。

夜は17時より駅前焼き鳥「福」に集合し、今季国内、海外でそれぞれのレースを戦ったトライアスリートが集結、シーズンの打ち上げ。

Img_1070若大将から提供いただいたアイアンマンマグカップ争奪じゃんけん大会に盛り上がりもピーク、同日葡萄マラソンで初の表彰台にあがったシゲちゃんが見事マグカップを落札したが、会計を済ませ、マグカップを忘れて出てくる失態ぶりに もはや皆が言葉を失った(笑)

Img_1083その後も場所を「やくう」へと移し、日付かわるまで盛り上がりエンドレス・・・。

○18日 OWS:1.5km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沙美トラへ向けて?

Img_1069地元大会、倉敷トライアスロンが終わり、ビーチも静けさをとりもどした。

来週はいよいよ今年のメインレース、沙美トラが控えるということで沙美トラの過酷さを知るノーリミメンバーが中心の練習(笑)

○17日 OWS:1.0km バイク:30km ラン:2km

○16日 ラン:4.6km-湊公園金曜走ろう会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沙美トラ2016 のご案内

シーズンを締めくくるサミトラ2016のご案内

 日時:9月24日7:00集合ビーチ清掃 8:00スタート

  場所:サミ

  概要:スイム-沖のブイ3周もしくは浜沿い1往復1500m

         バイク-神島時計回り43km

         ラン-ビーチ5往復もしくは西安倉折り返しの10km

  注意:安全確保ならびに補給食は各自でお願いします。

         地元の小学生に水分を恵んでもらうような恥ずかしい行為

    は慎みましょう。

  参加資格:チーム問いません。どなたでも気軽に参加下さい。

くれぐれも事故に注意しシーズンを楽しく締めくくりましょう。

ということで台風に負けず今週土日もサミ練あります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シゲコの珠洲トラすっとこどっこい日記

今回の珠洲遠征でレースに参加しないのはあたしだけ。Img_0979

車ではしっかり睡眠とらせてもらったし、時に尿意をもよおし皆に迷惑も。ここはいっちょマネージャーとしてみんなの頑張りをカメラにしっかり納めなくっちゃ!

Img_1048それにしても青い海に青い空・・・

いけない!選手達を撮影しなくっちゃ!

うわ~早くもやっさんがバイク1周回を終えて戻ってきた!今日のベストショットはもらったぞ!Img_1047

あっ! やっさん早すぎぃ~! やっさんが豆つぶになっちゃった!

って言ってたらふみさんも!早~いっ! ふみさんこっちこっち! よ~し今度こそ!Img_1044

あっ!今度はシャッター早すぎちゃった!

大丈夫、大丈夫、シゲさんはもう少しゆっくり通過するはずだから!

Img_1049うっわ~ 来たぞ来たぞぉ~ シゲさ~ん! こっちこっちい!

あれ!?人違いだ!

首絞めちゃろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回 くらとら

Img_10525:30支所集合、ヤショウのナカの気合が半端ない(笑)

この突き抜けたノーリミならではのノリが会場で理解される自信が全くなかった(笑)

選手を見送り、寝坊のゆっきいを待ち6:00出発、会場は既にトライアスリートであふれていた。あちこちの知った顔に挨拶、また冷やかしにきやがってという視線が痛い(笑)

Img_1053シゲちゃんはいつになく順調に支度を整えていた。入水チェックがせまり、いつものTテレ的トライすらぁ~のシラケた雄叫びでいざ出陣。

握手をし別れ、選手はいよいよスタートゲートへ押し込まれた。

観戦者達も花道脇のスタンドへ移動しスタートを見守る。

Img_1054シゲちゃんが忘れ物なしにパドックへ入るなんておかしい・・・そんな不穏な空気が流れ始めた頃、パドック内の秘密情報員からメール連絡!

7:40 460 左足親指切創

「続行可能」が一瞬「続行不可能」に見えてスタンドは大盛り上がり。

うっひゃっひゃっひゃ~!(笑)

もう一度読み返すと「続行可能」だった(チェッ!)(笑)

大方の予想通り吉村選手がスイムアップしトランジションへ駆け込んできた。素早いトランジションで早々にバイクに移る・・・我らがやっさんは・・・

あけること2:10で登場、一気に沿道が沸き立つ、調子よさそう!行けるかもしれない!

すこにゃん、ヤショウのナカ、毒舌王も順調にスイムアップ。今年はバイクコースが短縮されておりシゲちゃんのスイムアップを待っているとやっさんがバイクで降りてくるかも知れない・・・

皆バイクフィニッシュへ移動(笑)

最初にバイクフィニッシュへと降りてくるのは誰だ・・・

今か今かとその時が迫る。

やっさんの姿が見えた!しかも後続に1分以上のアドバンテージをつけて。

くらとら最大の見せ場、毎年ながら鳥肌もの。

知った顔が次々に降りてくる、ランスタートしていく。最後の死力を尽くしゴールを目指す姿はいつみても素晴らしい・・・

とその脇からシゲちゃんがランロケットスタート、傷ついた足で(笑)

シゲちゃんはランを43分台でまとめ140人ほどをゴボウ抜き、140人ほどの方達に失礼です(笑)

Img_1056(後記)

見事大会5連覇を達成した我らがやっさんは49歳、今なお輝きを放つ、いやその輝きが増しているようにさえ感じる。

対する我らがシゲちゃんは50歳、どこで二人の人生はこんなに大きくずれていってしまったのか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お礼参り

Img_1050鮫除けネットはとっくに外され、国内、海外それぞれの闘いを終えたものが集まり、ビーチにはゆっくりとした空気が流れていた。翌日に倉トラを控える選手を除き(笑)

お礼参りとでもいうべき空気の中、軽く海を泳ぎ、バイクを磨いた。

やはりここの海は格別である。

この環境、そして仲間 本当に恵まれている。

パフォーマンスが向上しないのはなぜだ?(笑)

○10日 OWS:500m

○9日 ラン:5km-金曜走ろう会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回 SAKURAおろち湖トライアスロン

島根県初のトライアスロン大会に参加してきた。

沖縄から勢力を強めながら北上する台風12号の影響で天候は予断を許さない。4:00厚い雲が垂れ込める中夜も明けきらない支所駐車場で荷物積み込み開始。シゲちゃんがいないとこうも順調なのか、4:20出発(笑)

前日よりマーシャルで現地入りしている花子の情報によると、さくらおろち湖の水質は‘抹茶カフェオレ状態’との由(笑)、珠洲からの連戦で疲れもとれないまま行きの車も低調な空気の中スケジュール通り2.5時間で現地入り。デュアスロンになるかもしれない恐怖がハイボールへと伸びるヒマシマンの手にもブレーキをかけていた(笑)

当日受付を済ませ各自ナンバリング、競技説明会へ。

競説では水質に関する注意がしつこいほどアナウンスされる。

Img_1022・水質は水生動物に影響を与えるようなものではないとだけ申し上げておきます・・・。

・スイムチェック後スイムスキップを判断いただいてもかまいません・・・。

Img_1023リレー参戦のフルおっさん、毒舌王を残しいよいよ湖面へ。水面が視界に近づくにつれスイムスキップしたくなり、皆の嫌々感も半端ない(笑)

9:05スイムチェック開始。抹茶カフェオレというよりオレンジジュース果汁100%、視界は明るい(笑) コースは100m沖のブイを曲がり275m泳いでターンする2周回。

○スイム

Img_10249:30エアフォン、スイムスタート。バトルを避け大外前列よりスタートするがローカルレースの初回大会にありがちな突っ込みキングにたたかれ乗られの大バトル勃発。まずいと外へ出ようとするがコースがなくしばらくスイムにならず。最初のブイを曲がって以降もたえず大外でブイ沿いの様子をうかがうが一向にバトルはおさまる気配なし。淡水特有の浮力低下で余計なエネルギーも消耗し戦意消失のまま激坂トランジットへ。連日の沙美練のデメリットを全て露呈する完璧なレース運び(笑)

○バイク

湖周辺の適度なアップダウンを含む10kmを4周回。

Img_1031斜度はしれているが緩やかなのぼりでも4周回させられると脚は徐々に削られる。休みどころの下りでは向かい風で気が抜けず。くーにー、ゆっきい、かずろん、リレーふるおっさん が快調に自身との差を詰めてくるのがわかる。3周目でクーニーに捕獲され、正直もう飽きたわ~ってな感じ(笑) ふるおっさんもかなり飽き飽きした空気を醸し出していた(笑)

○ラン

5km×2周回で書くに及ばず(笑) まあいつものランなれど珠洲の疲れは確実に残っており、坂はほぼ走れず、エイドでは根が生え、2週連続のエントリーを辞めることを固く決意しながらゴールテープへ(笑)

その間タスキを渡したヒマシマンはトランジットを終えハイボール3本目に突入♪

○後記

Img_1019汗を流して帰ろうということで温泉へ。皆がサービス券を手に手狭な長者の湯へ向かうのは想定済みで、おっさん連は道中チェックしていた出雲湯村温泉へ立ち寄り。なんとも風情のある河畔の湯で身体に付着したミドリムシを洗い流す(笑)

もともとロードレースにトレラン、ボート・カヌー競技が行われているさくらおろち湖とあってそれら大会で培われたノウハウによりトライアスロンの運営もスムーズで文句なし。

 :

Img_1020えなんの文句もありません(笑)

帰りの道中は何度か通り雨に降られたが何よりレース中、撤収時に雨に降られることなかったのはありがたかった。 くーにー隊長、疲れた身体で運転ありがとう!

これにて2016シーズン終了・・・してもよろしいでしょうかっ若大将!(笑)

○TTL 2:58:31(126/224 男子)

   S   27:56

   B 1:24:33

   R 1:06:04

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

季節は秋へ

Img_1011前日の湊公園夜ランでの足のだるさに愕然、珠洲の疲れしっかりインプット(汗)

海へ向うも軽く3種こなして無難に終了ということで。

鮫除けネットも外されいよいよ季節は秋へ。

○3日 OWS:0.5km バイク:15km ラン:2kmほど

○2日 ラン:5km-金曜走ろう会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »