« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

カオナシ

Img_0731まだ5月だというのにシーズン真っ只中のような盛況ぶりだ。

カジキマグロに車中泊の得意なおっさん、そしてオタクにその弟子・・・

いや待てよ?

Img_0737なんだか中央付近にジブリキャラクターが紛れ込んでいる・・・

なんと千と千尋の神隠しからカオナシまで来ている。

~以下カオナシについて~

「己」を持たず、呑み込んだ他人の声を借りなければ会話ができない(普段は「あ・・・」や「う・・・」と言ったか細い声を搾り出すだけで、表情も無い。ただし後述の様に相手の言葉にある程度反応はするため、簡単なボディーランゲージなら可能な模様)。

Img_0732いやいや待てよ?

今日は死んだはずの象の花子まで来ている。

~以下象の花子について~

1956年のある深夜にゾウ舎に侵入した酔客を死亡させる事故を起こし、さらに4年後の1960年にも飼育員を踏み殺す事故を起こした。このため、「殺人ゾウ」の烙印を押され処分を迫られた「はな子」は、鎖につながれ来園客から石を投げられたこともあり、ストレスなどからやせ細った。

この日は浜沿いコースと沖の満喫コースに分かれてスイムスタート。

沖の折り返しブイに到達し振り返るとなんとカオナシもこちらへ泳いできている。カオナシの到着を待ってカオナシに「安全のため岸へ戻り浜沿いチームに合流して戻ってください」と伝える。

カオナシ「う・・・」

カオナシが岸へ向かい泳ぎ始めた瞬間、さっきまで談笑していた浜沿いチームが逃げるように戻り始めた。

駐車場では若大将がバイクの準備を始めている。

やばいっ。すかさずスマホで雨雲レーダーを調べる格好、あと10分で雨雲がかかると嘘をつく(笑)

苦虫をかみつぶした若が仕方なくランシューズを履き始めた。

→満を持してジーティーを差し出す(笑)

皆が浜辺で往復ランを終えた頃、若がジーティーを引きづり回してビーチに戻ってきた。

ジーティーは体中の水分という水分を失ったためか年齢にしてプラス10歳、身体のサイズにしてふたサイズほど小さくなっていた。

○29日 海スイム:2.0km-満喫コース ラン:10km お喋り:2時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイナンバー

若大将の車が見当たらない・・・(しめしめ今のうちに泳ぎだそう)

沖の折り返しブイに到達し後ろを振り返るとカジキマグロが物凄い勢いで泳いでくる、若大将だ(汗)

分類するとすれば哺乳類ではなく魚類になってしまっている。

 :

どうしたものか?(笑)

若がとっとと先行上陸しバイクをスタートしてくれることだけを願いながら復路をゆっくり目に泳ぐ。

ところが若はバイクをスタートさせようとしていない・・・

きけば今日はトレーニングを切り上げて支所にマイナンバーカードを受け取りに行く という。

裏社会に生きる若にマイナンバーが交付されるはずはなく、裏ナンバーを警察へとりに行くのと間違えてるんだよきっと・・・ おっさん達にみるみる元気がみなぎる(笑)

ヤショウのナカ、GT、ハンガーノック王子でバイクスタートしたがハンガーノック王子はパンク王子へとネームチェンジし寄島で退散(意味不明)、その後はヤショウのナカが43でトレインを鬼牽き開始。

復路も向かい風の中ヤショウのナカとGTがアタックをかけあう度にトレインは加速・・・

やばい、視界に☆が飛びはじめた。緞帳があがると観音菩薩様が登場するに違いない(意味不明)

 :

三郎島で気持ち良く車両を切り離す(笑) 

Img_0730←ウェットスーツを車にぶらさげたまま帰ろうとするジーティー。

○28日 海スイム:2km-満喫コース バイク:45km お喋り:3時間

○27日 ラン:5km-金曜走ろう会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通称‘面白い道’

いつものビーチへ到着すると海女さんが焚火で暖をとっていた。

Img_0719そうか、今日はサザエ漁の解禁日か・・・

海女ちゃんを囲んで記念撮影、のちスイムスタート。

スイムアップ後バイクスタートの準備をいそいそと・・・

浅井くんと出発すると思っていた若大将がなぜか出発しようとしない・・・

ゆっきい と しげきん が泣きじゃくっている。 腹をくくって若大将と出発したポンコツトレイン、寄島交差点で早くも若大将が先頭へ。

若「32-33で!」

若大将が32-33でというときは52-53で行くという意味だ。

おっさん達の間に流れる絶望感・・・

トレインはあっという間に神島へ入り更に加速、なんとかDHポジションでくらいつくポンコツ達・・・鼻水がツツツーッと後ろに流れていく・・・(汗)

なんとか神島ピークへ皆到着。 

おっさん「あれは32-33じゃねえで!」

若「すみません!強度32-33でした!」

おっさん「そっそっそんな単位があったなんて・・・」

神島を1周するともう帰りのルートは決まっていた。そう、裏大島とでもいうべき裏ルート、流れる空気も 裏なら全てが裏っ・・・言うなれば裏社会っ(意味不明)

極道坂に差し掛かる手前からゆっきい選手の調子がおかしい。 明らかにペダリングがスカスカで後退していくゆっきい選手。

皆から遅れて坂のピークへ現れたゆっきい選手は手がしびれ、眼はうつろ、視界には観音菩薩様がこちらへおいでと手招きしているという。

もう極道坂へ行くのはよしてローソンへ降りて補給しよう 全快一致で決まった瞬間、

若大将がローソンへ降りるのに面白い道があるので案内したいと言っている(笑)

若が面白いという道にろくな道がないことは分っていたが、他人のハンガーノックは蜜の味(笑)、皆が通称‘面白い道’でローソンへ降りることになった。

面白い道は寄島海岸を高台から見下ろせる絶景ルートだったが、確かに面白い。

何が面白いって眼下に見えるローソンが次第に遠ざかっていくからだ(笑)

Img_0723燃え尽き灰になったゆっきい選手はローソンへ入るなりカウンターへ直行し「エネルギーを下さい!」

商品名でお願いします。 

○海スイム:2.5km バイク:43km ラン:4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました。

Img_0716今日も特定失踪者調査委員会を設置しなければならいほどたくさんのクロックスが一列に並んでいる(笑)

今週は朝の干潮週とあって水質はいつもに増して手厳しい・・・もっとアマモを育てていかなければ。

満喫コースにブイ1周を加えてスイムアップ、バイクはゆっきいと久しぶりに井笠コースへ。

Img_0717この日は各地で小学校運動会が開催されており、途中真備で隊長の応援に。

この日の隊長は運動会というあちらの世界を満喫されており、こちらが相手する必要なくヤレヤレ(笑)

○21日 海スイム:2.5km-満喫+ブイ1周 バイク:75km-井笠コース

○20日 ラン:5km-金曜走ろう会

*オヤジにご香典をいただいた方にはこの場をお借りしお礼申し上げます。

 オヤジももっと練習せえと言っていることと思います・・・。

 お気遣い、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪ベム・ベラ・ベロ

Img_0702ツールド西阿波への参加者が多く、めずらしくビーチは閑散としていた。

徐々に海で泳ぐ「肩」が完成に近づきつつあることを実感していた今日は懐かしの‘満喫コース’を選択してみた。

完成どころかまだ着工していなかった・・・。

バイクは久しぶりにソロライド(皆と乗ってもソロライド・・・)、神島を2周しビーチへ帰還、ほどImg_0703_2なくトレランから帰還したゲンちゃんとチチクリあってからラン少々。

引き上げる直前に9月にメキシコ大会を控える妖怪ベムベラベロ登場。

なるべく絡まないよう、さっさとベムを泳がせてからビーチを去った。

○15日 海スイム:2.2キロ-満喫コース バイク:55キロ-神島2周 ラン:4キロ

      空豆収穫:1キロのちビール:0.5キロ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習再開

Img_0701_2オヤジに連れてかれないように初七日は告別式後に前倒しで済ませといて海へ向かった(意味不明)

今日はチームままかりの3方も加わり海練スタート。

バイクは途中ままかりの方にアクシデントありつつも、帰りは若大将推奨「極道ルート」でビーチへ帰還、その後軽くランして終了。

○14日 海スイム:ブイ3本 バイク:35km-極道ルート ラン:4km

○13日 ラン:10km-金曜笑点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジありがとう。

ビーチへの出撃準備を整えていると携帯が鳴った。オカンからだった。

オヤジの容態がおかしい とのこと。 

ここ半年ほど肺炎を患い、駅の反対側にある老人ホームに入っていたオヤジ。

ジョギングで行けるほどの距離なのになかなか見舞いに足が向かなかった、というより敢えて見舞いに行かなかった。

年老いていく、やがて記憶さえ失っていく、そんなオヤジを見るのが嫌だったからだ。

自分の中のオヤジは日が暮れるまでグランドで野球を教えてくれ、魚釣りを教えてくれ、休みの日にはキャンプに連れて行ってくれた。

冬の寒い朝にも仕事への身支度を整えながらストーブの前でタバコを吸っていたオヤジ。

決して裕福な家じゃなかったけどオヤジは黙って大学院まで行かせてくれた。

棺に入った安らかなオヤジを顔を見ると、自分が親になり始めてわかるオヤジの偉大さに押しつぶされそうになり、自然と涙が頬を伝った。

気が付けばオヤジが息を引き取った翌日は兄貴の誕生日だった。

人生を全うし、子供へとバトンを渡したのだと思う。

受け取ったバトンはしっかりと子供へつないでいく覚悟だ。

今までありがとうオヤジ・・・合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW 5日目 チームボンゴレビアンコ

チームノーリミッツからチームアクアパッツアを立ち上げたものの、白身魚は確かに大切、でもアサリだっていい出汁出すしな・・・

競技生活を続けていくうえにおいて湧き上がってくるこんな自然な感情にどう向き合っていけばいいんだろう?

そんな思いを実現すべく、今回チームアクアパッツアからチームボンゴレビアンコを立ち上げることにした(意味不明)

Img_0682_2チームアクアパッツアでは厳しいチーム規律を設けたが、もう少しフラットでもっとGW向きに門戸を広げた楽しい活動 これがチームボンゴレビアンコだ(意味不明)

前列中央の隊長を筆頭に車中泊が得意なおっさんまで年齢層も実に幅広い。

画的には子供会の小旅行だ、そう子供会(意味不明)

Img_0681砂浜に到着したら、もう言葉は要らない。

無心で砂浜を掘り返すおっさん達・・・

家に入れないかも知れないのにどうやって料理するんだろう・・・

そんなこと聞けない聞けない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW4日目 暴風ライド

Img_0679昼から発達する低気圧の影響でどんどん風が強くなる予報だった。

早めに海スイムを終えねばということでサクッと沖のブイを3本。

終了するころには既に風が強まり、バイクには微妙な天気だった。

でも若頭が案内したいランコースがあると言っている(笑)

若頭が案内したいというランコースにろくなコースはない(笑)

カズロンとゼロ戦パイロットを餌食に1人やむなくバイク練へ。

山で風をしのぎながら神島を反時計回りに回りなんとかビーチに帰還、ビーチでは餌食達が抜け殻になっていた。

○3日 海スイム:ブイ3本 バイク:43km-神島

○2日 ラン:10km 湊公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW3日目 極道ライド

前日トップアスリートのパフォーマンスを目の当たりにし、ビーチの熱気はいつも以上に高揚していた。

とりあえずキルビルのテーマソングとともに一人ずつ自己紹介しながら入水(笑)

こういったところがいつまでたっても強くならない理由だとはわかっている(笑)

ブイを2周してみたが、昨日目にした泳ぎとはかけ離れていた。

なぜだ?(笑)

バイクはカンタ、カンタおかん、若頭、GT

極道-カンタ-GTの高速列車を見送ってからカンタオカンとサイクリングスタート、神島から風が強くなり、すかさずカンタオカンに前を譲る(笑)

Img_0672神島トップで極道組が待ち構えていた。

若頭がいいルートを見つけたので案内したいと言っている。

若頭が案内したいというルートにろくなルートはない(笑)

仕方なく(笑)、腹をくくり(笑)、ついていくとそこは裏大島、裏神島とでもいうべき秘境ルートで、ダラダラ上ったあとにガツンッと上り、油断させといてまた上る というろくでもないルート(笑)

やっとの思いで寄島まで戻るとそこは南浦峠の反対側だった。

カンタオカンが南浦を越えなければビーチにたどり着けないことを察知して1人号泣している(笑)

なるべく早く若頭にはマレーシアに駐在してもらわなければ、皆がその思いを胸にランニングでトレーニングを締めくくった。

○海スイム:ブイ2本 バイク:50km ラン:4km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »