« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

昭和の日

昭和の日 朝ラン8km商店街コース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅ラン

水島で子供の野球の試合があり朝6時出発で夫婦観戦。

帰りの車は妻に任せ今日も初夏の陽気の中を帰宅ラン8km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の陽気

ラン14km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男の割烹

たまには新しい店を開拓しようということでエカマイソイ23の突き当りにあるお店‘男の割烹’にターデットを定めてドライバーに車を走らせる。

ほんとにこんなとこに店があるのかと不安になるような薄暗い露店街をぬけると正面に突如看板出現、題して‘男の割烹’

既に怪しい空気が充満する中車を降り入店、正面にはYAZAWAのポスター、ほどなく登場した店主ももちロックな出で立ちのニセキチ(笑)

やたら多いメニューに更に怪しさ倍増で、もはや大外しのないメニューを頼むしかないということでカレーを注文。

するとニセキチ、

「僕出身が横須賀で横須賀基地に18年勤めてたんですよ。横須賀海軍カレーなんかいかがですか?お勧めですよ!」

もう乗っかるしかない(笑)

カレーができあがるまでなぜか離れようとしないニセキチにもう怪しさマックス、何かを悟られまいとするその必死さが殴ってやりたいほどかわいい♪

そして出てきました

ボンカレー♪

このちいせぇジャガイモとニンジンはボンカレーじゃなきゃなせる業じゃない。しかもルーはライスの1/3程度、もうどこが横須賀なのかを尋ねる勇気をへし折る力強さ・・・

死ね(笑)

帰りの車で先輩が一言・・・

「料理できない男が作るから店の名前が‘男の割烹’(だからこんなもんで~す♪)ってことなのか?」

一同 「ひゃ~ひゃっひゃっひゃっひゃ~」

12日からタイはソンクラーンへ突入する。

ソンクラーンはタイの正月のことで、太陽の軌道が12ヶ月の周期を終え、新たに白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝うもの。もともとソンクラーンには仏像や仏塔へ、さらに家族の年長者などの手に水を掛けてお清めをするという伝統的な風習があり、近年はそれが転じて街の往来で通行人どうしが水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として知られるように。

ちなみに期間中はホテルを出ると即背中から水をかけられびしょ濡れにされる。

本日夕刻空港で中国人をピックアップ、会食してから一歩お先に明日タイを離れ一時帰国へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜・・・

転職直後の苦しい時期を支えてくれた上司とも言うべき女性が4月からの会社合併でいわゆる窓際扱いに。

彼女のやりたい仕事とはかけ離れた部署への配属、そして全く関係ない総務経理フロアーへの席の移動。明らかに必要とされていない扱い。

なんとか救出できないかとタイからあの手この手を。昔から自分には守らなければならないものとどうでもいいことがはっきりしていて、守らなければならないものを傷つけられると黙ってない性格。なんとかもう一度彼女に元気に仕事してもらいたい。

日本では桜が満開らしい。

早く桜が見たい・・・。

四季のない国には趣もクソもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ出張 5th

一昨年大企業の買収を受け株主がかわり、今までライバル企業としてしのぎを削ってきた会社が兄弟会社となり、更にはその兄弟会社からの吸収合併を受け、本日付けで社名はかわった。

100年以上にわたり社名に冠されてきた創業者一族の名前は昨日消滅した。

転職でこの会社にやってきた自分にとってはそれほど強い愛社精神があるわけでもなく、100億の会社が400億の中堅企業になるのか といった程度の感覚でしかない。

しかもそんな節目のタイミングに自分は異国の地(笑)

こちら連日35℃に及ぶ気温のタイでの工場仕事はよほどの情熱がなきゃ成立せず、毎回帰国の途に就く頃には身体も精神もボロボロ状態。 それでも必要とされる地で自分なりの精一杯の知識、技術を植え付ける仕事はそれなりのやりがいも感じ充実しているのも事実。

次回はビザを取得し数か月の長期滞在の可能性も浮上しはじめている。

家族には言えないので長期滞在は丁重にお断りします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »