« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年1月

晴れの国岡山駅伝

Img_5529 気温5℃、ときおり小雪の舞う寒空のもと、晴れの国岡山駅伝が開催された。この大会、昨年から始まった、岡山県内の市町村対抗形式で行われる、42.195kmを9区間でつなぐというもの。

我らがくらしきチームの不動のアンカーはもちろん、タカシン!でもってサキちゃんから襷を受け取り、アンカータカシンへと襷をつなぐという8区の大役を任されたのはなんとパワフルママ(笑)

 :

とくれば見に行かざるをえないシチュエーションです(笑)

1区間は女子高生を入れないといけないということで急遽前々日にエントリーが決まったパワフルママ。ほんとに女子高生なのか?という大会側のごもっともな意見によりくらしきチームは今回オープン参加となった(笑)

Img_5530 全員がベストというチームコンディションには程遠かった今回の襷つなぎ。それでもふるさと代表の誇りを胸に気迫あふれる走りで前回を上回る順位に。

パワフルママ、今晩はゆっくり眠ってください(笑) 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晴れの国駅伝

晴れの国駅伝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人、大鵬、タマオ関。

Img_5527

今日は玉島の森体育館に力士がやってきた。玉島平野に春を呼ぶ大相撲玉島場所だ。今回の地方巡業での注目株はなんといってもタマオ関だっ(笑)

おさえきれない体重・・・、いやっもっと強くなりたいというあふれる感情をおさえきれないとばかりにチームボンビボンを飛び出しノーリミ部屋の門をたたいたタマオ関、その土俵入りの雄姿たるや・・・、一言でいうなら巨人、大鵬、タマオ関(笑)

迎え撃つはもちろんノーリミが誇る重戦車、琴奨菊(キャッホ~ッ!)両力士が同じカテゴリーにエントリーしては玉島人工島が液状化現象を起こしてはいけないという大会側の配慮によりタマオ関は10kmの部にっ、そして琴奨菊は3kmの部にエントリー♪

Img_5526

両力士は見事それぞれのカテゴリーで最下位という他を寄せ付けない力強さを見せつけたっ!

でもタマオ関は帽子の色を水色にしてボンビボンへの未練も隠せないようだった。 当初から予想されていた不名誉なレコードに水玉ジャージはとても着れなかったなんて書けない書けない(笑)

10kmものぶつかり稽古を終えたタマオ関の肩からは湯気が立ち上り、北斗の拳みたいだった(笑) 

Dsc_0002_2

でもタマオ関は少し経つと森の妖精みたいだった。

森の妖精達にあやまれっ!(笑)

ここまで書いておきながら僕はお相撲のことを書き記しておきたかったわけじゃないことに気付いたっ(爆)

子供とファミリーマラソンに参加したことを書き記しておきたかったのだっ(笑) ファミリーマラソンにおける最大のライバルはもちろんタカシン親子だっ! でもあまりの速さに1kmいかないところで前方の視野から消えた(笑) 今回は15分切りが目標、とにかく残り1kmをたれないように・・・。Img_5520

○結果

 14'42/3km(ファミリーの部) 6-7位?/20ファミリーエントリー

ってことで目標達成!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

そして使用後(笑)

そして使用後(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使用前

使用前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム幕内

チーム幕内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末のこと、年始のこと

Img_5514

ブログを意図的に止めてから怒涛の二か月半という時間が流れた。

仕事にも徐々に慣れようやくブログに向き合う心の余裕もうまれはじめた。

まずは昨年末30日のこと。目覚めると大雨で予定していたスキーは中止。寝起きにふてる息子を連れて境港まで正月のカニを買いに。そして夜はふだん福島に単身赴任している兄と玉島で酒でも呑むかといった話になり、某居酒屋に親父、兄貴と。親父は何年かぶりに親子が揃ったとあっていつになく酒も進んでいた。親父を先に一人返したあとも兄貴との酒は続いた。互いの近況、家族のこと、仕事のこと・・・説明不要な楽しい酒だった。この時までは・・・(笑)

明けて大晦日。家族は妻の実家に移動し例年通りの大晦日を楽しんだ。自身は誘いを断り、一人だけアパートで紅白歌合戦を観て過ごした。ヨイトマケがすばらしかったな今年は。

明けて新年。 ん?!

明らかに体調がおかしい。それは二日酔いなどとは全く異なるものであるとこがすぐに分かった。熱を測ると38℃オーバー。即布団へ戻る。そしてそこからはトイレとの往復数え切れず。便器に座れば水が出続けトイレットペーパー1本使い切り(笑)、身体の水分という水分は出尽くしレースにも似た脱水状態で指がやや痙攣気味。正月だからとついつい手を伸ばしたスーパーの惣菜にあたったかなと思っているところに兄貴から電話あり。

お前お腹大丈夫ぅ?

なんと兄貴、親父揃って発熱、ピーピー年末大感謝祭だった。

結局口からは全く何も入らない元日を過ごし翌日も不調は続いた。恐るべしノロウイルス・・・。許されざる者、某居酒屋。

3日になりようやく体調回復、子どもと大山スキーへ。年始一発目の寒波襲来とあって常に雪が降り、ガスがかかる厳しいコンディションながら子供は十分楽しんだよう。

息子:パパがあんなことにならなきゃもっと早くこれたのにね!

 :

(笑)

さんざんな滑り出しだったがまぁ今年もボチボチいこう(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年4月 »