« かいけ | トップページ | それもかいけ。後記 »

それもかいけ。

誰もまだ外を歩いていないレース翌朝、米子駅前のホテルを一人抜け出し、加茂川から中海沿いを散歩しながら昨日のレースを頭の中でなんとか消化しようとしていた。勿論身体には昨夜の楽しい酒が残ったままだ。

昨日のドラマをひとことで表すとなんと表現するのか? ふと舞い降りたフレーズは らららラブソング的に ‘けけけけ~んイシイクン’ ‘まままじでデュアスロン?’ いやどちらも違う。

一言で表現するなら それもかいけ’

スイムがなくなりデュアスロン形式で行われるという予想もしていなかった皆生トライアスロン今大会。自然を相手にするスポーツ、トライアスロンならではの局面に接することに。今思えば酔っぱらったEさんが掲示板にサイバー攻撃を仕掛けたところから微妙に歯車は狂い始めていた・・・

それもかいけ~掲示板Eの呪い~

○レース前日

前日まで断続的に激しい雨が降り続き、雨の中を皆生へ向け出発した。高速は一部通行止めとの前情報だったが当日朝の朝刊に10時より暫定開通の報、車はスムーズに2時間足らずで皆生へと到着、Img_5138_3まずは腹ごしらえをとイオン日吉津内 山芳亭 にて偶然一緒になったままかりの方達と850円の至福。14時からの選手受付までの時間は一目散に今年から場所変更となったスイムスタート地点へ。海岸近くに車を停め、海へと歩きながらそこで予想すらしていなかった光景を目にすることになる。

Img_5139_1テトラをゆうに超える高波、うねり、その様からは誰もが容易にスイム中止を想像することができた。スイム大嫌いのケンジャパンは一気にテンションアゲアゲで踊りださんばかりの勢いに(笑)。とりあえず競説に出てスイム実施の可能性を確認してからゆき兄さんに電話かけよう・・・。

競説ではノジマさんから3つやってこそのトライアスロン、距離を短縮してもなんとかスイムが出来る道をとの言葉をいただき、わずかな希望を持ってコンベンションセンターを後にした。晩飯は米子駅隣のラーメン屋に。

Img_5151残酷兄さんと自分は半丼ラーメンセット、スコニャンは3玉巨大ラーメン(笑) オヤジは無愛想に見えたが注文の出来上がりとともに気さくに話しかけてきて明日は頑張れよなんて言葉をかけてくれた。なんでもここのラーメン屋の社長さんが鉄人ラーメンを作ってるのだとか。ただパチンカーであることには間違いなさそうだった(笑)

その後はスーパーで翌日の朝食、補給食を調達後ホテルにいったん戻り、近くの銭湯で汗を流すことにした。

Img_5153_1ガラッと入口を入ると番台に座る化石のようなジジイ、置物かと思い話しかけると微妙に生きてる(汗) 入湯料350円にシャンプー30円を買って400円をジジイに払うとおつりはいくらかとジジイがきいてくる(笑) この銭湯、脱衣場にクーラーも扇風機もなく、お湯の温度も高めの設定のため、銭湯を出てから3人とも汗が噴出し、結局ホテルに戻りシャワーでさっぱり。すなわち3人が銭湯に求めたさっぱり清涼感まるで無し(笑)

でホテルはというと車で来る客を極度に嫌う不思議ホテルで、スコニャンに至っては窓なし監獄部屋。空調もブイ~ンとスイッチ入っては寒くなり、切れては蒸し風呂になるレース前のコンディションを整えるに持って来いの素晴らしい環境♪ 二日目の朝のみパンとゆで卵、珈琲のサービスがつくがパンはひとり2個、ゆで卵は1個までと制限つきな上、それらが置かれているのがフロントの目の前のため監視が超厳しくルパン3世でも3個はとれない厳戒態勢っぷり♪

でいつになったらレースの記録になるのかこのブログ(爆)

21時に床につき静かに目を閉じスイムが行われるよう祈りながらカワウソが一匹、カワウソが二匹、カワウソが三匹、・・・、カワウソが一万と一匹・・・

とそこに携帯が鳴る。カワウソからだ!→電源OFF、お休み♪

○レース当日

カワウソが一億とんで五千四十万匹・・・

一刻も早くスイムの実施可否を知る必要がありホテルフロント集合を午前4:00に。でスコニャンのノックで起きたのが午前4:15(汗)。 完全寝過ごしで急いでコンタクトを入れ用意した朝食も摂らずフロントへ。ん?なんだか左目がぼんやり・・・もしやと思い部屋に戻り洗面所の排水溝を確認、コンタクト獲ったどー!!!(笑) 

時間を追って良化する天気予報、ホテルを出ると無風、誰もがスイム実施を確信しいざ会場へと出発、当日受付よりもトランジションへのセットよりもまずは海の確認へ。

海を見る前にテトラを打ち付ける波の音、やはり海は荒れたままだった。その頃、江府まで来ていたゆき兄さんにスイム中止連絡、ゆき兄さんの落胆ぶりが半端なかったのは言うまでもない(笑)  で自分はというともちろん日本海を泳ぎたかったが内心3割くらいは嬉しかったなんてゆき兄さんに悪くて書けない書けない(笑)

5時過ぎに会場に到着したゆき兄さんはすぐさま皆に寄ってたかって私服をはぎ取られチームジャージを着さされ腕にナンバリング→即受付→フルちゃんとアップへ行くという自分の意に反して物事が急速に進んでいく現実を素直に受け入れられずにいた(笑) 

7:20 1stラン走者コール、ゆき兄さんスタート位置へ。7:40の合図とともに一斉スタート。日野川沿いを一度南下し戻ってきたゆき兄さんは調子よさそう。すかさずバイクスタート地点へ移動しスコニャン、ケンジャパンのスタートを見守る、見守る、見守る・・・。

おかしい。スコニャンがいつまで待ってもバイクスタート地点へ現われない。やがてというかとうとうケンジャパンがスタート。 ケンジャパンよりゆき兄さんがランゴール直前でダウンとの連絡。すぐさまランコースへゆき兄さんの捜索へ向かうが既に姿はなく救急搬送された模様。体育館へ戻ると担架で運ばれるゆき兄さん、目もうつろで明らかにオーバーヒート。

Img_5177両脚の硬直も激しくしばらく救急班の方と一緒に脚をおさえたり伸ばしたり落ち着くのを見守る。ベッドに横たわるゆき兄さんの姿は痛々しかったが、救護の方の手厚いマッサージ、テーピングそして皮肉にもレースのために用意していた補給食で体調回復(笑)

となるとチップがつながらなかったスコニャンの怒りはマックス状態に達し、9:00の繰り上げスタートとともにコースに野獣解き放たれることに。 なんせこの日の皆生は灼熱の名にふさわしい気温の中、驚異のタイムでスコニャンはバイクを快走、10km近くもコースを余分に爆走し残酷兄さんへと気持ちを繋いだ。

真夏の昼過ぎからフルマラソンをスタートするということで残酷兄さんはこれから待ち受ける残酷が待ちきれないとばかりにヨダレ垂らしまくりなままちょうど一緒になったケンジャパンとランスタート。 なんせ残酷兄さんは残酷を食べながら走るので水分や固形物による補給は必要なし。 常に笑顔のまま快走を続けその勢いは復路でも衰えず。 誰もがその残酷スピリットに乾杯☆

やがてゴールとなる競技場に残酷兄さんが現れ最後のストレートでは皆が駆け寄り、アナウンスも流れ始める・・・

はだか祭を中心に活躍しているノーリミッツのみなさんです(笑)

ケンジャパンも途中意識がとぶ中なんとか持ち直しレースをまとめてさすがのゴール。Img_5217

夜はホテル近くのビリケン山ちゃんで打ち上げ。ここでもゆき兄さんはなるべく串カツを避け、トマトもマヨネーズをつけない徹底した健康管理、いわゆる健康難民です(笑)

○レース翌日

一夜明け閉会式へ。ケンジャパンの完走賞のみ受取りそそくさと帰路についた。Img_5229

途中昨日泳ぐはずだった皆生の海に立ち寄り泳いだ。

海はべた凪、空は快晴。

それもかいけ。

~ありがとう皆生2012~

|

« かいけ | トップページ | それもかいけ。後記 »

triathlon」カテゴリの記事

コメント

翌日は凪でしたか…まさに残酷な…
スイムが行われ襷が繋がっていれば自分が潰れていたかもしれません。yukiyさんのことがあって、時間がかかっても各エイドで水分等を十分に補給することを心掛けた結果、何とかゴールに辿り着きました。(タイムは私こそおそ松君でした)今年はランパートにタカシンさんが登場しない限り優勝はありえないほどハイレベルなレースで、「あれ誰?」プロジェクトは夢に終わりましたが、別の形でyukiyさんが達成してくれたような気がします。(毒舌か?)
hisaさん、スコニャン、3年連続皆生鉄人のKENさん、YOUさん、yukiyさん、furuさん、チームの皆さん、出場の機会を与えていただきありがとうございました。

投稿: 2316 | 2012年7月18日 (水) 15時21分

残酷兄さん
 スイムが行われてればテトラに打ち付け
 られて襷がつながっていなかったでしょう。
 確かにスイムが行われてればまた違った
 ドラマがあったでしょうね。それがリレー
 ならではの面白さってことにしときましょう。
 次回リベンジするなら皆生にではなく
 ホテルのパンが3個食べれるかどうかに
 リベンジしたいです。
 カプチーノだけはやたらうまく、その不思議 さには筋の通ったホテルでしたね(笑)
 36℃の炎天下でのあのタイムは普通の
 ランシーズンの2時間45分はあげても
 いいと思います(笑)
 とにかく繋いでくれてありがとうでした!
 

投稿: hisa | 2012年7月18日 (水) 15時37分

「えぇーー!こんなんだったんかぁーっ」て番台の爺さんの写真を救護された自分だと勘違いしたyukiyです(汗)
「それもかいけ」ですかぁ~重い言葉です。
しかし何から何までお世話になりっぱなしで・・・大阪マラソンではフルサポートを約束しますねscissors

投稿: yukiy | 2012年7月18日 (水) 19時06分

リレーメンバー、応援のメンバー、
みんなの心、一つになりましたね。
なんかホント、このチームのメンバーでいることを誇りに思います。

来年に向け、いろいろ勉強になりました。
応援でコースをたどりながら、自分なりにレースをイメージ。たぶん、灼熱の太陽の下でフラフラになり、真っ暗な道をとぼとぼ…。
練習しよっ。

投稿: furu | 2012年7月19日 (木) 00時46分

ゆき兄さん
 体調は回復したでしょうか?
 ゆき兄さんの背中が番台のジジイに見えた
 のは初めてですね(笑)
 皆生での屈辱は倉トラでの応援にかえて
 一緒に皆をつぶしにかかりましょう!
 大阪マラソンは正直走りたくなくなりました(笑)

投稿: hisa | 2012年7月19日 (木) 08時02分

フルちゃん
 来年はいよいよフルちゃんの登場ですね!
 大波が来るように今から近所のEさんに
 お願いしときます(笑)

投稿: hisa | 2012年7月19日 (木) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056717/46346554

この記事へのトラックバック一覧です: それもかいけ。:

« かいけ | トップページ | それもかいけ。後記 »