« それもかいけ。 | トップページ | それもかいけ。追記 »

それもかいけ。後記

気象庁は17日に梅雨明けしたと思われると発表したが、15日以降雨が降っていないことを考えると15日に皆生から間違いなく梅雨明けしましたと改めて発表しとこ。

今回はただ繋ぐんじゃなくあくまで獲りに行くために臨んだレースだったが、結果的には上位チームは全てランとバイクのスペシャリスト達でチームを構成し勝負に来ていた。第一種目が宝木争奪になるかスイム場所が沙美に変更になるか飲み会にでもならないかぎり今回我々に勝ち目はなかったと言える。

ゆき兄さんを襲った不慮の出来事、これは正直ゆき兄さんにさえ想像できなかった、まさにアクシデントと言えるもので、それだけ我々の想像をはるかに超えた過酷なレース環境だったということ。実際昼から最高気温が36℃に達する中、体調不良を訴える選手が次々運び込まれる体育館は野戦病院さながらの光景だった。ゆき兄さんがどろどろになったチームジャージを着替える際に腰に巻こうとしたタオルのストロングマンという文字が恥ずかしくて倉トラタオルに巻き直したのは勿論ここだけの話である(笑)木南SAの勇気ある撤退も実はめんどくせえから撤退だったなんて書けない書けない(笑)

正直ゆき兄さんのアクシデントによってスコニャン、残酷兄さんはレースをDNSとするのかと思っていたらそんな選択肢ははなから無しとばかりに競技続行、これには本当に感動させられた。 ただ単にバイクに乗りたかった、残酷そうだったから走ってみたという疑念も払拭しきれないので感動は2割抑え目にしとく(笑) 

皆の本番へと向かうプロセスも実に美しかった・・・。

残酷兄さんにおいてはフルちゃんが遥照に走って上ったときけばそれはどこの道からぁ?と山という山を全て走って上がらんばかりの残酷アンテナビンビン物語で、スコニャンに至ってはバラモンで世界戦の権利をゲットして以降頭の中は来年のフランス戦一色で皆生は漫画王国ASのコスプレーヤーで参加したいと思っていたほどのチームワークの無さ(笑)

ともあれゆき兄さんの魂の走りが逆に皆を奮い立たせ、無事ゴールへと気持ちを運んだ今回のレース。叶わなかった表彰台よりもすばらしいものを手に入れたと思っている。

自身はというとチームに貢献できなかったというか貢献の場さえ奪われたことは素直に残念と言わざるを得ないが、気持ちを繋いでくれた3名、わざわざ皆生にまで足を運んでくれた仲間、そして応援してくれたみなさん、大会運営にかかわったすべての方々に深く感謝したいと思う。

Photoありがとうイシイクン。あっ間違えた。ありがとう皆生。

|

« それもかいけ。 | トップページ | それもかいけ。追記 »

triathlon」カテゴリの記事

コメント

皆生に関してはいろいろ思うことがあったので
落ち着いたら書こうと思っていたらすっかり忘れとった。
Honeyさんに言いたいことが多々あるんだけど、
どこから書いていいものか…迂闊に書けないしねえ。性格的に。
だからといってここでつぶやくのも失礼か。

それにしてもノーリミの皆さんがポディウム狙うイキオイ
だったとは、毎日ブログ読んでいたけど、全然気が付かんかった。
実は秘めていたんだね…闘志。

千歳楽のない高崎のオジさんは、後先考えない走りで
案の定、失速したらしいけど嫁は見事な走り。
乙島夫婦の典型的なパターンじゃな。

ともあれお疲れさまでした。イシイ君に幸あれ。

投稿: aka-madone | 2012年7月24日 (火) 12時38分

養父の赤アニキへ
 アニキがHoneyさんへ言いたいことは
 恐らく僕と全く同じだと思いますが
 僕も書かないつもりです。
 高崎の緑アニキ、美アンキさんのバイク
 (美アンキさんは当日までランだと
 勘違いしてましたすみません…)
 そしてイシイクンのラン
 どれもすばらしかったです(マジで)
 ずぶ濡れのイシイクンもかなりかわうそ系
 だなと思ったのは僕だけですかね?(笑)
 来年は高崎の緑アニキがソロエントリー
 してくれるはずなので益々楽しみです(笑)

投稿: hisa | 2012年7月24日 (火) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056717/46369449

この記事へのトラックバック一覧です: それもかいけ。後記:

« それもかいけ。 | トップページ | それもかいけ。追記 »