« それもかいけ。追記 | トップページ | 倉トラ前日 »

トビウオ塾 ザ・ファイナル

姉妹の倉トラ完走を目指して4月から始まったトビウオ塾も数えること5万とんで23回、実質今日が最後のトビウオ塾となった。思い返せば小プールでおっさんと姉妹によるワニさん歩きから始めたトビウオ塾、ほんとに1,500mも泳げるようになるのかな?そんな心配に押しつぶされそうになり夜中目を覚ますと子供に押しつぶされていた夜、数え切れず。

それでも彼女達の持ち前のガッツによって泳力はみるみるアップ、50020回目には1,500mを無事泳ぎ切り、50021回目で初めて海スイムにもチャレンジ。

ところが足の届かない海でのスイムが彼女の自信を一気に奪ってしまう。自宅へ戻りウェットスーツを仕舞い込み倉トラDNSを覚悟した彼女。 

なんとかスタートラインへ立たせなくては・・・

気分転換にと連れて行った渋川。BGMを流しながらBBQを楽しむ若者達の中をウェットスーツに身を包みスゴスゴと入水する二人、その姿はまるで夫婦素潜り漁師。でもこの経験が眠っていた彼女の本性を呼び覚ます。

あれっ!?海が綺麗だ☆ そうなんだよ。お前が今まで泳いでたのは海は海でも限りなく海じゃない海、う~ん説明すると難しいんだけど、え~っと・・・ でもそこで泳ぐと強くなれるんだ。

やっぱりあたしは海が好きっ☆  いいから早く沙美で泳げよ(笑)

皆生へと旅立つ朝が彼女の海スイムラストチャレンジだった。ノーキック作戦を授け鮫除け沿いをタイム計測、推定1,500mを無事制限時間内に泳ぎ切った彼女のゴーグルレンズには下半分に涙がたまってたけどあれは海水が入っただけだったんだね。ガクッ! 

安堵感と彼女の頑張りを胸に皆生へと出発した。

ところがその日の夜米子駅前ホテル真田のベッドに横たわった時 彼女から入った1本のメールで再び事態が急変する。

子供が産まれそう。 あっ間違えた。 あれから帰宅しひどい目眩に襲われ病院へ行くと点滴が必要とのことで・・・絶対安静に。   え~っ!!!

荒れ狂う日本海を見て点滴打ってもらいてえのはこっちじゃ・・・ いやでも結果的には翌日ゆき兄さんが点滴打ってもらったし(笑) ちっきしょ~あの番台のジジイのせいか、それとも3玉もラーメン喰いやがったやつのせいか・・・ホテルの窓からEを呪う。

倉トラDNSの危機に瀕した彼女に再び会ったのは皆生翌週の子供のソフトボール大会だった。その日はえらく暑い日で、炎天下久しぶりに会う彼女はトビウオというよりニボシだった。丸三日ベッドで過ごしたとのことだったが倉トラ完走を諦めてはいなかった。彼女にとっての倉トラチャレンジは一回きりのものであって、それを来年まで引き延ばすことはあまりにめんどくせえから強行出場するつもりだなんて書けない書けない(笑)

そして迎えたトビウオ塾ザ・ファイナル。しばらくスイム練の間隔があいてしまったとあって腕は重いようだったが最後のスイムってことで500mTT→12'20とまずまず。

51.5km先にあるゴールテープを目指して日曜日彼女はスタートラインへ立つ。

|

« それもかいけ。追記 | トップページ | 倉トラ前日 »

training」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056717/46479413

この記事へのトラックバック一覧です: トビウオ塾 ザ・ファイナル:

« それもかいけ。追記 | トップページ | 倉トラ前日 »