« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

1年ありがとうございました。

義弟も毎日読んでるらしいのでまじめに書かないと(笑)

今年どんな年でしたか?井岡がすっぱり1ラウンドノックダウン奪ってしまい久しぶりに紅白歌合戦じっくり鑑賞しました。

誰の歌がすばらしいとおもいましたか?

今年は震災に見舞われた年、おっさんの心に響いた順位は以下ですっ!

1.西田としゆき

2.ゆーみん

3.長淵

4.ガガ様

西田としゆきの歌は素晴らしかったと思います。心がこもっていたし声に張りのなかった千まさおより100倍すばらしかったと思います。そしてゆーみん、予想に反した着物姿でしっかり歌う姿、美しいと思いました。長淵、ここ数年、正直言ってろくな歌唄えてなかったと思いますがひとつは昔の路線で少し嬉しかったです。そしてガガ様、日本のことを思ってくれてる気持ちはつまらない日本人のうたより強く伝わってきました。

今年1年ありがとうございました。来る2012年もひとつよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス

●24日(土)クリスマスイブ

前日は最初ビールをのんでからはひたすらイモロック、場所を焼き鳥屋からゴイケバーへ移し、メンバーも同級生からコージへと(笑) 久しぶりに記憶がとぶほどの楽しい忘年会で、そのつけは二日酔いとしてきっちり体調に反映された。

とにかくご飯を食べることが出来ず、自作のポトフを食べてナメクジにように1日過ごした(笑)

Img_4453夕方からようやく重い腰をあげ夕食の準備。いつもなら全て手作りといくところながら今年はそうもいかない(笑) 取り寄せのピザを加えたものの妻との合作でなんとかクリスマスらしい食事になった。

〇練習休み

●25日(日)クリスマス

Img_4457←本日の釣果(笑) 

なんと気温1℃の中 今日も子供と釣りに。異常なまでの低温にハゼも喰いが鈍かったが7匹釣って帰宅、この日も天ぷらに。先週までと比べ数は減ったものの型は大きくなり、これまでの最大18.5cmも含んだ。

Img_4455でも子供は釣りそっちのけでおっさんたからもらったラジコンで遊びまくり。

お~いっ(怒)

〇RUN:10km(トレッドミル) クロストレーナー:30min

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTB

Img_4452冬場のトレーニングにとMTBを導入した。

というよりパンクしたママチャリでのみに行くのはもう嫌だった(笑) そう気軽に乗れる自転車をかねてから欲していたのだがお財布事情も厳しい中・・・

思い切って(大げさな・・・)ポチッとしたものの・・・到着を心待ちにしていたら到着日がずれ、その日たまたま個人懇談で自宅に妻のいる日に届くみたいな(オーノー!!!)

クリスマス寒波到来といわれたこの日、早速精神修行かねて海岸沿いのいつものコースを向かい風の中、西へ西へ、ブロックタイヤの負荷はいかほど・・・?

沙美ですでに汗だく、やっぱ引き返そうかと(大汗)

それでも負けじとなんとかカブトガニまで到着、両足が自転車漕ぎたくないと悲鳴をあげる(涙) 復路は完全消化試合で残り7km地点でたそがれはじめたところを福くんに目撃される(笑)

ロードで倍の距離乗った疲労感味わえるYO!!!

夜は足パン状態のまま高校の同級生20名ほどが集まる忘年会へ・・・

〇MTB:50km

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山陽女子ロードレース観戦

県総合グランド近くへ車を止め、そこから息子と二人MTBでカンスタへと移動。

Img_4441いるいる五輪マラソン代表を争う国内トップ級の選手達、野口選手に赤羽選手、天満屋の小原選手に坂本選手(SW加納選手と天満屋浦田選手らは今回残念ながら欠場)。スタート時間へあわせ入念なアップをする選手達、特に年始大阪国際で代表枠をつかもうと照準を定めている野口選手の気迫はすごかった。

Img_444210:00ハーフのスタート直前に西署近くの1.5km地点へMTBで先回り、来た来た白バイレディース隊(←同級生)に先導されたトップ集団、引っ張るのはやはり野口選手、脇には赤羽選手、伊藤選手、うっひょ~かっこえぇ~。

15分後には小原選手含む10kmのトップ集団、足音が軽快です(当たり前)Img_4444

新鶴見橋を西に渡って総合グランドへと戻ってくる9km地点付近では野口選手はやや遅れはじめ、結局その後13km地点跨線橋で一気に2位以下を引き離した赤羽選手が1:09:16の大会新で優勝。

ママさんランナー強し(笑)Img_4448_1

レース後コメントにあるように野口選手はここ数年走ることさえ出来なかった状態からのレース、トップから1分以上離されはしたものの年明けの大阪へ向け「よしやるぞ」とスイッチの入るレースになったよう。ぜひもう一度五輪の舞台へ返り咲き、あのダイナミックなフォームでメダルを手にしてほしいと思う。Img_4450

| | コメント (2) | トラックバック (0)

太郎ヨン

毎日学校から帰ると年始にある学芸会で発表する‘浦島太郎’の台本を読みこむ息子。 今日は配役決定があったらしく開口一番「太郎ヨン」になったでっ!

浦島太郎は一人かと思いき、聞けば場面に応じて5人の太郎が演じわけるらしく、その中の一人になったということらしかった(爆) まぁ太郎を射止めただけでよしとする(笑)

Img_4435なかなか上がってこない冬場の練習モチベーションアップにと秘密兵器を投入することに。

: 

詳細 coming soon (笑)

しかしネットで注文したものはなぜ妻のいる時に届くのか?(滝汗)

妻は楽天のスパイか?(笑)

明日野口みずき選手に併走するMTB親子をテレビで見かけたら、それはおっさんと太郎ヨンです(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

裏まで白い気持ちで・・・

Img_4434先日のチーム忘年会、リニューアルされたオサレミツヤでたまたま一緒になった地元の同級生Aを含む町内のオヤジ3人衆、きくと 翌日小学校の体育館で行われる親子お飾りつくり教室のために弥高山へ裏白採取へと行った帰りの打ち上げだった(何かにかこつけては打ち上げするのは田舎の習わしじゃ)。 でそこで聞いた話じゃがなんでも来季子供会ソフトボール、おっさんはコーチ就任が決まったらしい(決まったらしい・・・?)

で話を戻して我が家も妻と子供が二日酔いのおっさんほっときで翌日は小学校へと出かけて両実家の分まで立派なお飾りを作って帰宅した。ちなみに裏白(うらじろ)には‘裏まで白い気持ちで新年を迎えよう’なる意味がこめられているのだとか。

と正月準備の前にオッサンタとしては子供らにクリスマスプレゼントの準備もせねばならない、何かと忙しい年の瀬だ。

宮古島からのクリスマスプレゼントは届いたかい?そこのおっさん(笑)

〇20日(火) クロストレーナー:60min RUN:15min(トレッドミル10km/H)

〇18日(日) RUN:6km(北中4周)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラビットアール

土曜日はノーリミッツ忘年会。

肉が喰いてぇ野獣の要望が考慮され今年は焼肉TOYAMAにて。西阿知まで皆ママチャリ(笑)、17時の開店と同時になだれ込み、喰うわ飲むわの一人4千円(驚)、その後はオサレにリニューアルされたペニーレインを経由しコージ邸まで宴は延々。

先日神庭の滝駅伝で大活躍だった福くんのお腹がかなりやばくなってきたことや、来季のレースの話、そしていもいもRIE&YUKIYによる夫婦漫才など(笑)、話は日付もとっくにかわるまで延々続いた・・・

事故によりバイクフレーム新調の運びとなったコージ、次はどんなのがいいの?硬いフレーム、柔らかいフレーム、トライアスロン重視で闘うつもりなのか、どんなレースに来季照準を絞っているのか・・・

 :

コージ:カッケーやつでお願いします(笑) BOMAのラビットアールでお願いします(笑)

ってことで来季フレームは うさぎレーシング に(笑)
 

明けて本日は朝ランいや酒抜きジョグをしてから実業団女子駅伝観戦、その後子供とハゼ釣りに(苦笑) 

14時から17時半の満潮へ向かう上げ潮。今回は餌つけから投入まで息子にやらせてトレーニング。青虫もすんなりつけることできるようになり、投入も問題なし。

Img_4431で釣果はというと3時間ほどで二人で17匹を釣り上げ、爆釣とはいかないまでも定期的に魚が上がる子供にとってはかなり満足、家に帰って魚をさばかされるおっさんにとってはかなり憂鬱な釣果(笑)

この時期のハゼ、お腹にたくさん卵を抱えていて、それだから食欲も旺盛だったのか、潮(この日は小潮)がよかったのか?

苦労しながら一匹一匹塩でぬめりをとって開いて天ぷらに。

揚げたてに軽く塩をふっておっさんも一匹試食・・・なんともうまい(涎)

Img_4433たんぱくながら上品な味は家族にも好評、息子の自慢話が延々続き(笑)、なんだか夕食の時間はいつもよりにぎやかだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京丹後カニツアー 12/10-11

毎年12月の頭に日頃から子育てに協力してもらっている両親への感謝の気持ちをこめて企画しているカニツアー、昨年は娘の受験で実現せず、2年ぶり、3度目?の京丹後、久美浜湾に面する旅館へ。

ツアーは自宅を早朝7時に出発、姫路から播但を経由、途中朝来SAで休憩、高速を和田山で下り、マリンワールドで子供を遊ばせてから京丹後に入るというおきまりコースを今回もたどった。

正直マリンワールドには大人もかなり飽きており、今回水族館へは必要最小限が付き添いマリンワールド上に位置するホテル金波楼にて露天風呂でもと企んでいたが・・・昼食とのセットでなければ露天風呂には入れないとのことで渋々大人全員水族館へ入場(笑) 

Img_4390子供のお目当てはこれも恒例のアジ釣り。娘が1匹釣り上げ早々に糸が切れリタイヤとなったのをよそに息子は絶好調で自己最高記録となる15匹を釣り上げ、即唐揚げに。 結局イルカショーまで満喫するフルコースで水族館をあとにし京丹後へ。

今年は出石でそばを食すコースをカットしたためスケジュール前倒しとなり14時には京丹後へ。 まだ宿に入るには時間が早いということで 来る来る亭 って名前のラーメン屋で夜のカニに備えた軽めの昼食を済ませ宿近くの道の駅で時間つぶし(笑)

結局15時を回ってチェックインしたいつもの旅館は毎度の綺麗さで掃除も行き届いており、女将もいつものように気さくに出迎えてくれた。

昼食が遅かったため夕食は遅い時間へとずらしてもらい、その間子供らはじいちゃんばあちゃんの部屋で遊んだり露天風呂を楽しんだり。

Img_439518時、ツアーのメイン、カニ料理が続々部屋へ運び込まれ始める。お造りに始まりカニさし、焼きガニ、カニ鍋にカニ雑炊とお腹はちきれんばかりのフルコース、食べきれるわけもなく翌日お土産にしてもらい閉会。

翌日は8時とゆっくりめの朝食にしてもらい付近の散歩を楽しみにしていたが前日の酒が過ぎたのか一切目が覚めることなく爆睡、急いで朝風呂に入り朝食となった(汗) 

Img_44189:20宿を出発、女将が砂丘産サツマイモとカレイの一夜干しを持たせてくれた。いつもにまして今年はいきあたりばったり、父ちゃんが数年前に訪れたことがあるという湯梨浜東郷湖畔にある燕趙園(えんちょうえん)なる中国庭園へ立ち寄り、中国雑技ショーを見学することに。 おっさんとしてはこの年金ツアー的成り行きに若干の不安を感じつつも指示通りに車を西へ西へと走らせた(笑)

Img_4400旅館から西へ一時間ちょっとの距離、東郷湖畔に立派な中国庭園はあった。なんでもここは鳥取県と中国河北省との友好5年を記念し建設されたという中国庭園らしかった。庭園内の池にはマグロ大の鯉が口をパクパクさせながら近寄ってくる期待通りの気持ち悪さ(笑)、そしてその庭園の建築様式は中国の臭いプンプンでおっさんには正直かなりキツかった(予感が確信に) 

Img_4421定刻13:30が近づき雑技ショーが行われるというホールへ入る頃にはそのキツさもピーク、おばちゃんが登場したかと思うと1本の糸の中央で糸巻きのようなものをブンブン回し、上に放り投げたかと思うとその間に縄跳び二発かましてパッと受ける・・・はずが・・・

床にポロリ(笑)

舞台かぶりつきで見たおばちゃんのヤベッみたいな表情がそりゃもぉ絶品です(笑涙)

気を取り直してもう一発、上に放り投げた隙に行う縄跳びの途中、今度はロープが髪留めに引っかかり髪留めが客席へ吹っ飛ぶ(笑) 

年配の方が多い静かな観客の中にあっておっさんはそりゃあ腹がちぎれんばかりの大爆笑で涙チョチョギレ(笑涙涙)

こんな面白さがあったなんて~。

湯梨浜をあとに一行は鳥取砂丘、砂の美術館を楽しみにしていたがこちらは来春へ向けリニューアル中につき見物は叶わなかった。

Img_4428R9を西へ進み、米子手前で今年はR313を南下、蒜山から高速へ乗り帰路へ。上長田あたりは前々日に37cmの積雪と報道にあったようにあたり一面銀世界で子供らは年始のスキーへ夢を膨らませながらの17時帰宅となった。

来年は嫁に任せることなくおっさんが段取り組まなきゃやっぱダメだな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パカッと

残り少ない2011年を心穏やかにフェードアウトしたいと思ってるのによくもまぁ次から次へと無理難題が降りかかってくる(泣)

Img_4388そんな中 唯一の明るい話題、はいパカッととれました(喜)

復活の日を信じて毎日毎日イリコ10匹ノルマをこなすこと3週間・・・(笑)

なんと22日目での石膏からの解放という超回復ぅ↑↑↑

先生には今週末のカニツアーに間に合うようにと半ば強引に外していただいた感ありありにつき、本人まだ多少の痛みはあり、本調子とまではいかないが、あと10日ほど無茶しなければ全快とのこと。

自由に寝返りうてる快眠と全身浴可能になったお風呂の時間が手に入っただけでもありがたい。ほんの数週間ながら振り返ると悪いことばかりじゃなく、子供との時間も強制的に増え(汗)、プラスマイナストータルでなんとか受け入れられたかなといった感じ。本人が何を感じこれからどうするかは今後おっさんがじっくり見守っていけばいい。

今回の件ではたくさんの方から励ましやら気遣い、ときに一緒に闘うぜといった武闘派な方まで(笑)ありがたかったです。

おっさんも復活に向けてぼちぼち始動じゃっ! まずは年明け備南ロードでトラトラRIE親子との3キロ決戦じゃわれ~(笑)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初めての海釣り

左手の石膏がはずれるまでの息子が放つ恐怖の言葉・・・

 :

パパァ~今日は何して遊ぶぅ?(微笑) at 7:00

土曜日は終日雨が降ったりやんだりの安定しない天気に外遊びを奪われた息子。満を持して7時に起床したかと思うと空模様の確認、晴れとるでぇ~↑

朝は宿題やりなさい(汗)

その昔釣りキチだったおっさんとしては釣りの楽しみは子供に教えておきたいところ。子供が宿題してる間にホコリをかぶった釣り道具を出してきてせっせと手入れした。

この日は昼過ぎが干潮だったが19時の満潮へ向かい徐々に満ちてくる潮、釣具屋で青虫を購入しいつもバイク練で多くの釣り客を目撃していた神島のポイントへ向かうことに。

いざ 海釣り入門編 ハゼ釣りへ。

14時より竿の準備、餌のつけ方、リールの使い方教えながら第一投・・・

 :

全く反応なし(笑) それでも息子はまだ見ぬハゼなる魚に興奮隠せない様子。

ちょっと餌あげてみよっか?

 :

なんと青虫と見間違うほどのハゼが! 思わず親子で大笑い(笑)

そうこうしてる間に息子の竿にアタリ! 急いで竿を上げさせるとなんとしっかりしたハゼ。

001_2満面の笑顔ゲットとなりました。

この後ぴたりと反応がなくなり近くで同じくハゼを狙っていたおじさんに話をきくと先日の地震を境にぱったり反応が悪くなり、ここのところの気温の低下で週を追うごとに更に反応が悪くなっているんだとか。

息子 再び持ち場に戻り竿先の動きを確認、カリカリとリールを巻く・・・なんだか重いよパパ・・・

なんと海面に手のひらより小さいワタリガニの姿(驚)

興奮した息子、一気に引き上げる・・・

 :

痛恨の落下(笑) そこから息子の興奮はマックス状態に突入、早く帰りたいおっさんをよそにまだ見ぬ海底生物を根こそぎ釣り上げんばかりの情熱。

夕暮れが近づき徐々に風も出て肌寒く・・・そろそろ帰ろうよ・・・

息子:いやまだ釣る!

観念して納竿17時と約束し餌をかえるため竿をあげるおっさん・・・

 :

なんと息子リリースのワタリガニを今度はおっさんがゲットです(笑)

これには息子おもわず対岸にまで響き渡る雄叫び&ガッツポーズ炸裂!(笑)

家に帰ると自慢げにクーラーボックスをあける息子 ほれっ!

クーラーボックスの中で本日のMVPワタリガニくんが一番小さいハゼくんを既に食しているというハプニング(涙)

~本日の釣果~

ハゼ2匹 子ハゼinワタリガニ1匹

002

自分の指のほうが太いほどのハゼは背開きにして天ぷら、ワタリガニは茹でて酢醤油で、いずれも息子が機関銃のように家族に今日の出来事を喋りながら完食。

早く石膏とれねえかな・・・

〇朝RUN:12km

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »