« バリッ! | トップページ | 第1回倉敷国際トライアスロン »

第1回倉敷国際トライアスロン前日

倉敷国際トライアスロン前日。

いつものように早朝味噌汁で最終確認してから各自一時帰宅、その後12:00に本部へ集合、乗り合わせて会場入り。

会場では多くの見知った顔と談笑しながら受付、選手登録、バイクチェックを済ませ、今回から義務付けられることとなったコース下見バスを待つ。600人近い選手を大型バスがピストン輸送するため待てど暮らせどバスに乗れず、炎天下1時間近く待つはめに。この間も知った仲間に囲まれ会話ははずみ、ほとんどバス待ちには苦痛を感じず。

やっとバスに乗れたかと思いき5分もしないうちに隣の席ではふくちゃんが夢の中へ・・・zzz(笑) 365日のなかで362日は普通のおっさんなのに残り3日でINAGE魂を呼び起こす素敵なおっさんです(笑)

下見を終え16:30からは開会式。毎度カオリンの熱のこもった開会宣言、実にすばらしく、岡山にトライアスロン大会が復活したことを真にうれしく思った瞬間でした。その後17:00からは審判委員長である我らが爺の協議説明です。

006

トランジションなんじゃけぇどガァ~?

でもってバイクコースなんじゃけぇどガァ~??(笑)

ガァガァ爺(笑)

今回ウェットスーツをトランジションバッグへ詰め込む件につき多くの質問があがり、とめどない質問を容赦なくぶったぎる爺(笑)

17:30より待ってましたのカーボパーティー。タコのから揚げやタコ飯、真備のタケノコご飯に玉島おでん、船穂マスカットワインなど地元の食材がテーブルに並べられ、下津井とこはい節を拝見したり選手同士明日の健闘を誓ったり、yasuっちに明日はわえの前を泳ぐんじゃねえと警告入れられたり(笑)

帰宅してもレース準備をせねばならず、なんだかんだで半日炎天下にいたため前日の緊張感はどこへやら、アルコールを入れると22時には夢の中へ・・・

|

« バリッ! | トップページ | 第1回倉敷国際トライアスロン »

triathlon」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056717/40767528

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回倉敷国際トライアスロン前日:

« バリッ! | トップページ | 第1回倉敷国際トライアスロン »