« 湯村温泉一日目 | トップページ | お別れ »

湯村温泉二日目

湯村温泉に来てるのに仮面ライダーキバに起こされるwobbly 夜半から降り出した雨の音で夜中にも何度か目を覚ました。晴れてるにこしたことないけど雨の温泉街もなかなか風情があっていいものだった。昨日女湯だった温泉に朝風呂を浴びに。とにかく息子は内風呂でも露天でも泳ぎまくるconfident 朝食を皆で摂ってから宿を出、すぐ近くのリフレッシュパーク湯村にて二日目も露天風呂やらプールやら。二日ずーっとお湯に浸かってる感じ(笑)

135 でも思いの外ここの露天風呂がすばらしかったのである。いや思いの外と書いては失礼。5つほど?ある露天の中でも洞窟露天?なる洞窟を抜けた先にある露天は実にすばらしかった。関西方面から来られたというおばあちゃんと仲良くなり、なんだか心もあったかに。雨に濡れる湯村の街並みを眺めながらほっこりspa

138 まだまだプールで泳ぎたがる子供をなだめ、帰りに向かう。帰路はばあちゃんが宿で教えてもらった浜坂漁港にある渡辺水産さんに立ち寄る。駐車場にはツアーバスがたくさん、お店ではたたき売り状態のカニに群がる人の群eyeshine いやぁカニってすごいんですね。立派な一大産業として成立してる感じ。お目当てのカニを買ってから2Fへ上がり遅めの昼食、これまたカニづくし膳wobbly 140 しっかしみんなよく食べる。このあたりから皆の食欲についていけなくなるdespair 帰りは鳥取へでてR53で津山まで南下、中国道北房JCT経由し岡山道から山陽道へ。これで旅もなんとか終わったななんて考えながら運転していると後部座席からうどん食べて帰ろうよの殺人発言が。(まだ食べるん?shockと思いながらも)口はいいですねえ(笑)、(仕方なく)総社ICで高速をおり、真備へんこつうどんへ立ち寄る。なんとじいちゃんは釜あげ大盛りwobbly 店を出、これでやっと家に帰りゆっくりできると思ったのも束の間、hisaの実家にお土産のカニ届けようとのこの日二度目の殺人発言crying 実家にカニを届け無事帰宅したのは19時でした。

これにて全行程500kmにおよぶ家族旅行のおしまい。ふぅ~wobbly 

おっといけね。少し泳ぎましたよ。

SWIM:0.5km(息子のアームヘルパー股に挟んでプル)(汗)

|

« 湯村温泉一日目 | トップページ | お別れ »

ものより思い出」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ。温泉。 うちなんか娘インフルエンザで缶詰だ。こんなに元気なのに~crying
カニおいしそ~。 あっでもうちも昨日法事のオリにカニ入ってた…細いのがdown

投稿: tama | 2008年12月15日 (月) 13時53分

Fちゃん結局のところインフルだったの?
早く元気になって家族で行ってこい!(笑)
tamaんちからならアクセスもちょっと楽!
昨日の夕方tamaエリアの夕日はめちゃ綺麗やったな。

投稿: hisa | 2008年12月15日 (月) 15時07分

この季節は温泉&カニだよね。
わが家もきのうの昼、突如思いつき山陰へ。
境港でカニを購入し皆生温泉に入ってきました!

投稿: furu | 2008年12月15日 (月) 15時14分

突如思いついて行動出来るところがまさに記者魂じゃな(笑)
昨日の日本海はサブちゃんが出てきそうなほど荒れ狂ってたよね(笑)
みんな食べる食べるギャル曽根はいってんのかと思った。

投稿: hisa | 2008年12月15日 (月) 15時18分

家族旅行だったんですね。
ご両親も子供たちもさぞかしいい思い出ができたことでしょう。
長距離運転お疲れさまrvcar
我が家のギャル曽根もお忘れなく~note

>tamaちゃん
インフル流行ってるの?
こっちはまだ全然だけど、そのうち来るかな。
お大事にね。

投稿: ako | 2008年12月15日 (月) 19時32分

akoさん
Sンヨ−ヒガシ小にはインフル行ってますよ!日曜までAちゃんMちゃん健康管理気を抜かず!

投稿: hisa | 2008年12月16日 (火) 06時11分

akoさん
そうなの。〇庭市はこんな田舎で人混みなんてないのに、爆発的に流行(T_T)

今年のヤツは、あなどれません。超健康体の娘が感染したくらいなので。そちらにもそろそろ魔の手が…気をつけてね。

投稿: tama | 2008年12月16日 (火) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056717/26202990

この記事へのトラックバック一覧です: 湯村温泉二日目:

« 湯村温泉一日目 | トップページ | お別れ »